足柄版 掲載号:2012年6月16日号
  • googleplus
  • LINE

藩主ゆかりの甲冑 400年経て鶴ヶ城へ帰る 中村健作さんから会津若松市へ寄贈

文化

甲冑を確認する中村さん(右)と学芸員の中岡進さん
甲冑を確認する中村さん(右)と学芸員の中岡進さん

 会津藩の2代藩主・加藤明成(1592―1661)が着用した甲冑が5月31日、中村健作さん(大井町在住、パナック工業(株)会長)から福島県会津若松市へ寄贈された。

 この甲冑は400年以上前の安土桃山(戦国)時代に造られたもの。この時代の甲冑に相応しく実戦を想定した実用重視の造りをしているが、金箔の上に透漆をかけた「白檀塗」や、革の小片を並べ重ねて紐で綴じた「本小札(ほんこざね)」等の細工の見事さ、背中に「旗差し」が無いこと等から大名が着用した鎧と分かる。また添え書きに「円通院(明成の戒名)様 御具足」「大坂の陣」の文字も見える。

 甲冑愛好家の中村さんは、20年ほど前に知人を通じてこの甲冑を手に入れた。「その時は”由来があるもの”とだけ聞いていた。10年程前に専門家から指摘されて明成公のものと知り、自分が持っているよりも会津若松市にある方が意味があると考えた」と経緯を語る。同市から訪れた市観光課職員と(財)会津若松市観光公社の学芸員は「明成公は1611年の地震で倒壊した鶴ヶ城を再建した人物。地元に縁ある貴重な品で状態も良く、震災で観光が落ち込んだ当市にとって明るいニュースになり、本当にありがたい」と話している。また同市から感謝の品として、市長直筆の親書や鶴ヶ城の通行手形(年間パス)、書などが中村さんに手渡された。甲冑は鶴ヶ城内で8月末まで展示中。
 

 添え書きには「大坂の陣」の文字
 添え書きには「大坂の陣」の文字

足柄版のローカルニュース最新6件

山地酪農で「本来の姿に」 島崎薫さん

山北と川崎の“水源地関係” 未来の酪農家が懸け橋に

山地酪農で「本来の姿に」 島崎薫さん

2月17日号

「ウェルキャブ」市に寄贈

”幸せの電車”公開

キャッスルズ40年

小中学生が景観を描く

政治団体を発足

開成町 山神氏

政治団体を発足

2月17日号

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

松田町で43年の寿司屋

2月からバリエーション豊かなランチ開始!

http://www.matsuda-matsuzusi.com/

地質学的ドラマを巡る講座

南足柄市の文化遺産を紹介し、活用し、継承していくためのプロジェクトです。

http://ashigara-web.sakura.ne.jp/bunka/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

3校合同演奏会

3校合同演奏会

南足柄市で25日(日)

2月25日~2月25日

足柄版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月17日号

お問い合わせ

外部リンク