足柄版 掲載号:2012年6月16日号
  • googleplus
  • LINE

「足柄茶ブランド守っていきたい」 県農協茶業センター 佐藤専務にインタビュー

これまでの取り組みを振り返る佐藤専務
これまでの取り組みを振り返る佐藤専務

 5月上旬に実施された放射能検査で、国が定める安全基準をクリアし、黒岩祐治神奈川県知事による安全宣言が出された足柄茶。2012年産の新茶の販売から約1ヶ月が経過した今、県農協茶業センターの佐藤美己専務に話を伺った。

 ―原発由来の放射能汚染から1年、黒岩知事によって安全宣言が出されましたが率直なお気持ちは?

 「新茶の流通が無事に始まり、一安心という感じです。1年前に放射能汚染が発覚した時には頭が真っ白になりましたが、生産者、神奈川県、茶業センターが協力して、分析結果をもとにできる限りの対策を取ってきた結果が今につながっているのだと思います」

 ―様々な対策に取り組んできた1年間を振り返ってみていかがですか?

 「放射能汚染という経験のなかった事態に、国も県も相当混乱していたと思います。知見がなかっただけに生産者も動揺していました。そんな中でもお茶の木の放射能汚染経路などを分析し、全国に先駆け除染作業として更新作業(深刈り)を指導してくれた県の対応に感謝しています。またそれを信じてきちんと作業に取り組んでくれた生産者にも感謝をしています。”足柄茶は自分達だけで作っているのではない”という想いが背景にあったと思います」

 ―消費者へ向けたメッセージをお願いします

 「国が定める放射能の基準値はクリアしましたが、2番茶、3番茶の検査も徹底し、放射能をゼロに近づける努力を続けていきます。消費者の方に安心して飲んでいただけるお茶をお届けできるように、生産者、行政と協力を続け、足柄茶ブランドを守っていきたいです」
 

足柄版のローカルニュース最新6件

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

松田町で43年の寿司屋

2月からバリエーション豊かなランチ開始!

http://www.matsuda-matsuzusi.com/

地質学的ドラマを巡る講座

南足柄市の文化遺産を紹介し、活用し、継承していくためのプロジェクトです。

http://ashigara-web.sakura.ne.jp/bunka/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

3校合同演奏会

3校合同演奏会

南足柄市で25日(日)

2月25日~2月25日

足柄版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月17日号

お問い合わせ

外部リンク