足柄版 掲載号:2013年2月23日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

医療レポート 骨粗鬆症予防は早めの診断で 取材協力/大内病院

大内 英樹 院長専門は循環器内科。聖マリアンナ医科大学病院でも循環器内科登録医として勤務。
大内 英樹 院長専門は循環器内科。聖マリアンナ医科大学病院でも循環器内科登録医として勤務。

 老化や女性の閉経後に骨自体がもろくなり、圧迫骨折などの原因にもなる骨粗鬆症(こつそしょうしょう)。骨折をきっかけに介護が必要な状態になる可能性などから様々な予防法・治療法などに注目が集まっている。そこで骨粗鬆症について大内病院の大内英樹院長にお話を伺った。

 ―骨粗鬆症で気をつけることは?

 「一番気をつけなくてはいけないのは初期の段階では自覚症状がないということです。骨密度が低下していることに気付かず、ふとしたはずみで骨折してしまう危険性が高くなってしまうわけです。現在は薬で症状の進行を遅らせたり、骨の再生成を促す治療法が確立されています。骨密度のピークは20代で、その後は徐々に減少していきます。女性の場合は閉経後に発症しやすいので、予防の意味でも早めに骨密度測定などをすることをお勧めします」。

 ―測定にはどれくらいの時間がかかりますか?

 「検査時間は準備を含めて10分足らずで済みます。圧迫骨折などのリスクを下げ、日常生活の質(Q・O・L=クオリティ・オブ・ライフ)を継続させていくためにも、自分の体の状態をなるべく早い段階で知っておき、予防に努める必要があると思います」。

 大内病院では骨密度測定を予約なしの外来で受けることが可能。電話での相談も受け付けている。
 

大内病院

神奈川県南足柄市中沼594-1

TEL:0465-74-1515

http://www18.ocn.ne.jp/~oouti-hp/

足柄版のピックアップ(PR)最新6件

山寺で学ぶ写経と坐禅

円通寺

山寺で学ぶ写経と坐禅

3月31日号

離宮跡地に300本の桜

恩賜箱根公園

離宮跡地に300本の桜

3月31日号

スマホデビューの春

舗装を楽しもう

地元企業

舗装を楽しもう

3月24日号

春のお彼岸は朝ドレで

JA農産物直売所

春のお彼岸は朝ドレで

3月17日号

「良い品をお安い価格で」五月人形、鯉のぼり勢揃い

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月31日号

お問い合わせ

外部リンク