足柄版 掲載号:2013年3月23日号
  • googleplus
  • LINE

「大きく育って」 寄小児童がロウバイを植樹

教育

約30本を植えた
約30本を植えた

 寄小学校(沼田芳宏校長)の4〜6年生36人が3月12日、松田町寄の宇津茂地区にある寄ロウバイ園でロウバイの植樹を行った。

 同地区では荒廃農地対策や地域振興を目的に、2005年度から地元の農家有志らによりロウバイの植樹が進められてきた。近隣の小中学生による記念植樹も毎年この時期に行われてきたが、ロウバイ園周辺の休耕地がロウバイで埋まったため植樹は今回で一区切り。ロウバイの数は全部で約1500本になる。

 当日はロウバイ園を管理する宇津茂ロウバイ部会(大舘達治部会長)が、約30本のロウバイの木を用意。児童らは同会の協力の下、約7アールの休耕地に1本ずつロウバイの木を植え、スコップなどで丁寧に土をかけた。作業に参加した保科陸くん(12)は「大きく育って、きれいな花を咲かせてほしい」と思いを込めた。
 

足柄版のローカルニュース最新6件

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月31日号

お問い合わせ

外部リンク