足柄版 掲載号:2013年7月20日号
  • googleplus
  • LINE

熱中症 梅雨明けから急増 2市5町で救急搬送相次ぐ

社会

上大井駅で日除けに使われているひょうたん棚
上大井駅で日除けに使われているひょうたん棚

 平年より早い梅雨明けに合わせるように始まった連日の猛暑が続く中、足柄上地域を含む小田原市消防本部管内の2市5町で熱中症が猛威を振るっている。

 毎年、夏の期間に熱中症による救急搬送件数を集計している同消防本部によれば、今夏2市5町で最初の熱中症による救急搬送は6月1日に発生。7月16日までに病院などへ救急搬送された件数は46件だった。このうち13件が足柄上地域で発生している。

 46件の内訳は6月に6件、7月に40件で、とくに梅雨明け(7月6日)後の7日から15日にかけて集中して発生している。年代別では、成人がもっとも多い19件、続いて高齢者18件、少年9件となっている。男女別では男性29件、女性17件。傷病程度別では軽傷20件、中等症25件、重症1件で死者は出ていない。発生場所別では屋内が15件、屋外が31件だった。また市町別では小田原市がもっとも多い33件で、松田町が4件、開成町が3件、南足柄市と山北町、大井町でそれぞれ2件発生した。

 県や市町村、各地域の保健福祉事務所等では厚労省の意を受け、熱中症への正しい知識や予防法などをリーフレットやホームページ等を通じて呼び掛けている。足柄上保健福祉事務所では「熱中症の発生は7、8月がピーク。予防にはこまめな水分・塩分補給や暑さを避けることが大切。屋外では帽子や日傘などを着用し、屋内でも無理をしてエアコンを使わないでいると体調を崩すことがあるので、室温を確認して扇風機やエアコンを使った温度調整を。高齢者・障害者・子どもについては周囲が注意深く見守ってあげるようにしましょう」と話している。
 

暑中お見舞い申し上げます

医療から介護まで

薬剤師、看護師、介護士、PT募集中  託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版のトップニュース最新6件

ポイントは「塩分」

連日の猛暑予防と対策

ポイントは「塩分」

7月28日号

広域ビジョン共有へ

足柄上郡5町「あしがら地域」

広域ビジョン共有へ

7月28日号

岡本小で不適合

南足柄市ブロック塀調査

岡本小で不適合

7月21日号

30年ぶり踊り復活

山北町平山地区

30年ぶり踊り復活

7月21日号

28年ぶりに開催

大相撲秋巡業

28年ぶりに開催

7月14日号

郷土資料館で夏期特別展

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月28日号

お問い合わせ

外部リンク