足柄版 掲載号:2013年9月28日号
  • googleplus
  • LINE

歌詩抄「籠居集 補遺」を出版した 湯山 厚さん 南足柄市広町在住 89歳

愛用の机から生まれる歌

 ○…このほど、2005年から詠んだ短歌、約250句をまとめた歌詩抄「籠居集 補遺」を出版した。1996年に上梓した「籠居抄」に続くものだ。取材で訪れた日は落葉樹の木立の下に咲くシュウカイドウの花が迎えてくれた。ガラス越しの緑豊かな庭を眺めながら、愛用の机から生み出される歌の数々。「新聞社からの文芸欄への掲載依頼が歌を作り続けた動機かな。気が付けばまとまった数になっていた」とユーモアを交えながらにこやかな表情で話す。8月24日には文芸仲間により出版を祝う会が小田原で盛大に開かれた。

 ○…1924年、足柄上郡桜井村曽比生まれ。4歳の時に湯山家に養子にいき湯山姓となる。二宮金次郎の遠戚筋にもあたる。南足柄小学校から県立小田原中学を経て、神奈川師範へ進んだ。「松田小や川村小、南足柄小、湯河原小など25年間小学校教師を勤めました」。クラスの学芸会で劇に取り組むものの、「人の脚本では面白くなかったんですね」。児童全員が出演できる劇をやりたいと思い、オリジナルの脚本を手がけていく。その作品は徐々に注目を浴びることになり、一部は教科書にも採用されることになった。「いつのまにか学校劇の先生と呼ばれるようになっていました」。『ツメなし猫なんかこわくない』は、劇団や学校劇などでいまも上演されているという。64年には国際教育会の短期留学生として渡米し、コロンビア大学等で学ぶ。NHK名作学校番組編成委員を務めたこともある。横浜国大、駒沢大学で教鞭を執り、都留文科大学では75歳まで講師を勤めた。教える、ということのプロ。「持っているものを押し付けるのではなく、どう生徒を惹きつけるかだね」。

 ○…民話の研究にも力を入れるなど、引き出しは多い。短歌は20歳から始めた。碧落短歌会所属。愛鳥のカナリアは3代目に。健康の秘訣を「宵っ張りの朝寝坊」と語るダンディな人柄は、人を魅了して止まない。
 

暑中お見舞い申し上げます

医療から介護まで

薬剤師、看護師、介護士、PT募集中  託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の人物風土記最新6件

瀬戸 二郎さん

20周年を迎えたハワイアンバンド・カマカハワイアンズのリーダーを務める

瀬戸 二郎さん

7月28日号

細谷 晋之(くにゆき)さん

神奈川県茶品評会で優等を初受賞した

細谷 晋之(くにゆき)さん

7月21日号

杉山 博久さん

開成町で7月18日に行われる歴史講座の講師を務める

杉山 博久さん

7月14日号

岸本 敦子さん

生涯学習講座「中学公民を、もういちど。」を主催している

岸本 敦子さん

7月7日号

香川 勝利(しょうり)さん

県西地域県政総合センターから環境保全功労者の表彰を受けた

香川 勝利(しょうり)さん

6月30日号

小林 勇さん

風鈴まつりを主催する開成町文化団体連絡協議会の会長を務める

小林 勇さん

6月23日号

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月28日号

お問い合わせ

外部リンク