足柄版 掲載号:2013年11月23日号
  • googleplus
  • LINE

開成町 町由来の芋を食べて 弥一芋が給食に登場

教育

生産者らと一緒に食事
生産者らと一緒に食事

 開成町由来のサトイモ「開成弥一芋」を使った料理が11月18日、開成小学校(瀬戸成男校長)の学校給食のメニューに並んだ。

 地産地消給食として行われたもので、今年で2年目。今回のメニューは「弥一芋と鶏肉の吹き寄せ煮」。ご飯の米も町内産を使用した。当日は生産者の開成弥一芋研究会(遠藤将光会長)のメンバーをはじめ、府川裕一町長や鳥海均教育長も来校し、一緒に会食。料理は好評で子供たちからは「とろっとしてておいしい」等の感想が出た。食事後、弥一芋の由来や作り方をクイズ形式で説明した遠藤会長は「地元の子供たちに食べてもらえてうれしいです」と笑顔で話した。同町では今年9月に産官民で協議会を設立し、弥一芋のブランド化・特産化を進めている。
 

暑中お見舞い申し上げます

医療から介護まで

薬剤師、看護師、介護士、PT募集中  託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版のローカルニュース最新6件

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月28日号

お問い合わせ

外部リンク