足柄版 掲載号:2014年5月24日号 エリアトップへ

虫沢焼酎芋の会の会長を務める 金子 静男さん 松田町寄在住 75歳

掲載号:2014年5月24日号

  • LINE
  • hatena

受け入れ、いつしか夢中に

 ○…松田町寄で特産の芋焼酎づくりに取り組む「虫沢焼酎芋の会」の代表。活動を休止した団体から畑ごと事業を引き継ぎ、5月に活動2年目を迎えた。「メンバーのほとんどは兼業農家。みんな色々な仕事をしているからアイデアがどんどん出てくる。良い案があれば採用して、地域色のある焼酎を作っていきたい」と、やる気をみなぎらせる。

 ○…中井町の農家に生まれたが、5人の兄姉がいたため農作業を手伝った記憶はほとんどない。「野球の練習を理由に、いつも逃げていた」と笑い飛ばす。ゴム・タイヤメーカーに就職し品質保障部門などを担当したが、50歳の時に転機が訪れた。美容師の奥さんが独立開業。目の回るような忙しさに追われる姿を見かね、退職して仕入れや経理業務などを引き受けることにした。

 ○…美容室の経営も落ち着いたある時、ふと「食べる野菜ぐらいは自分で作りたい」と思い立った。ノウハウを得るため、自治体が定年退職者を対象に開いていた農業講習会に通いながら、実際に畑を借りて実践した。「失敗を重ねながら覚えた」という知識と経験は、現在も家庭菜園や芋の会の活動に生かされている。寄には60歳の時に転入。団体の代表まで務める山野草の趣味が高じ、寄の自然に魅かれた。「四季の美しさなどを語って説得した」という奥さんも、15年経った今は、この土地を離れたがらなくなっているという。

 ○…頼まれると最終的には引き受けてしまう寛容な性格。これまでPTAや自治会、美化活動など様々な団体で代表を務めてきた。人と違うのは、そこからいつの間にか夢中になって活動に取り組んでいるところだ。「寄の土は芋づくりに適しているので、絶対においしい焼酎になる。女性にも好まれるように名称やラベルのデザインなどを変えながら、虫沢地域らしい焼酎にしていきたい」-。夢中になれるものが、また一つできている。

足柄版の人物風土記最新6

瀬戸 桃子さん

大学の卒業制作で開成弥一芋をモチーフにオリジナルグッズを作った

瀬戸 桃子さん

開成町在住 22歳

2月27日号

藤崎 智子さん

ゆる体操教室の正指導員として活動する

藤崎 智子さん

開成町在住 60歳

2月13日号

和田 智代さん

おむつに頼りすぎない育児の普及に力を入れる

和田 智代さん

開成町在住 58歳

1月16日号

吉岡 昌子さん

大井町で長年児童福祉向上に取り組む

吉岡 昌子さん

大井町在住 88歳

1月9日号

滝本 澄子さん

南足柄市から功労表彰を受ける

滝本 澄子さん

南足柄市在住 78歳

1月1日号

舟山 奏さん

神奈川フィルフューチャー・コンサート小田原公演にゲスト共演する

舟山 奏さん

小田原市在住 33歳

12月19日号

あっとほーむデスク

  • 2月27日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク