足柄版 掲載号:2014年5月31日号 エリアトップへ

おはなしボランティア「おはなしぽけっと」で代表を務める 佐野 幸子さん 南足柄市岩原在住 67歳

掲載号:2014年5月31日号

  • LINE
  • hatena

仲間と歩み続ける

 ○…南足柄市で読み聞かせなどの活動をしている「おはなしぽけっと」の代表。長年の活動が評価されて、姉妹グループ「劇団ぽぽ」とともに「子どもの読書活動優秀実践団体」として文部科学大臣表彰を受賞した。「表彰されると聞いてびっくり。活動を始めてから20数年、時には衝突することもありましたが、それを乗り越え、家族のような関係になった5人のメンバーと、ずっと続けてきたことが評価されて嬉しい」。

 ○…「昔から読書は好きだったので、友人から誘われ、本に関われることなら、と参加を決めました」。市立図書館が主催したおはなしボランティア養成講座で一緒に学んだ仲間と1992年にグループを発足。図書館や学校、地域の文化祭などで、素ばなしや絵本、紙芝居、人形劇などを披露している。黒いパネルに様々なパーツを貼り、ストーリーを展開する「ブラックパネルシアター」はグループの特徴の一つで、作品数は15作以上ある。

 ○…福島県出身。大学卒業後に小学校教諭として小田原市の学校に赴任。結婚を機に南足柄市へ移り住んだ。現在は夫と息子、愛犬と暮らす。週に一度ほど遊びに来る3人の外孫たちとのひと時が最近の楽しみ。「孫たちと一緒にキャンプや旅行に行くのが本当に楽しくて。物語の世界など、親とは違う目線でいろいろな世界を見せてあげたい」。

 ○…週に1度の練習の時にはメンバー同士で話すスピードや発音などを厳しく指摘しあうこともある。「お互いを信頼しているので言い合える。うちのメンバーは練習よりも子どもたちが見ている本番のほうがいつも以上のパフォーマンスができるんです」。今後の目標を尋ねると、「親子で楽しめる手遊びなども取り入れていきたい。おはなし会をきっかけに、多くの人に読書の楽しさを知ってもらい、図書館に来てもらうことが私たちの役割」ときっぱり。優しい口調の中に芯の強さを感じた。
 

足柄版の人物風土記最新6

瀬戸 桃子さん

大学の卒業制作で開成弥一芋をモチーフにオリジナルグッズを作った

瀬戸 桃子さん

開成町在住 22歳

2月27日号

藤崎 智子さん

ゆる体操教室の正指導員として活動する

藤崎 智子さん

開成町在住 60歳

2月13日号

和田 智代さん

おむつに頼りすぎない育児の普及に力を入れる

和田 智代さん

開成町在住 58歳

1月16日号

吉岡 昌子さん

大井町で長年児童福祉向上に取り組む

吉岡 昌子さん

大井町在住 88歳

1月9日号

滝本 澄子さん

南足柄市から功労表彰を受ける

滝本 澄子さん

南足柄市在住 78歳

1月1日号

舟山 奏さん

神奈川フィルフューチャー・コンサート小田原公演にゲスト共演する

舟山 奏さん

小田原市在住 33歳

12月19日号

あっとほーむデスク

  • 2月27日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク