足柄版 掲載号:2014年6月14日号 エリアトップへ

足柄上地域の自然や文化などを伝える「あしがら里山だより」を創刊した 府川 栄一さん 大井町金子在住 66歳

掲載号:2014年6月14日号

  • LINE
  • hatena

地域への思いはこれからも

 ○…足柄上地域の自然、文化、歴史をテーマに9年間続けた「ふるさと歳時記新聞」を一区切りさせ、6月から新たに「あしがら里山だより」を創刊した。「体調不良などを理由に一度は終刊させましたが、歳時記新聞の愛読者の方から『ぜひ今後も発行を続けてほしい』と支援をして頂けることになり、人生の集大成としてもう一度がんばろうと決意しました」。長年取り組んできた地域活性化への思いと読者の声が自身を奮い立たせた。

 ○…大井町出身。高校卒業後、建築会社での勤務を経て、26歳で独立し、建築設計事務所を設立。仕事で関わる仲間と一緒に環境美化などを行うグループを立ち上げたことが地域活動へ携わるきっかけとなった。その後、「大井まちづくりコミュニティ研究会」を発足。里山での遊歩道整備や、町の花である水仙の植栽、里山の環境調査など活動の幅を広げていった。

 ○…「情報発信の大切さに気づき、自分でもやってみたくなりました」。国道255号線沿いに水仙園を作った際に地域紙に取り上げられ、多くの反響があったことから、その後のライフワークになる新聞づくりへの思いが芽生えた。05年に「足柄/地域づくり研究会」を立ち上げ、足柄上地域の自然や文化、歴史を紹介する「ふるさと歳時記新聞」を創刊。足柄地域の魅力を発信し続けた新聞は、110号にも及ぶ。

 ○…「町はそこに住んでいる人の意識以上には発展しない」。まちづくりに携わり続けて37年。活動を始めた頃に参加したワークショップでの講師の言葉が、自身の行動理念になった。その土地に住む人々が身近にある隠れた魅力を再認識することが地域活性化へのカギと考える。「この地域には、私一人の力では発信しきれないほどの魅力が詰まっています。編集や取材に協力してくれる仲間を増やしながら、足柄上地域の素晴らしさをこれからも伝えていきたい」
 

足柄版の人物風土記最新6

内田 英治さん

11月に展示会を開く、足柄老爺柿愛好会「天目会」初代会長の

内田 英治さん

南足柄市在住 73歳

10月23日号

今井 雄一郎さん

共栄書房から「山鳥の魔力」を出版した

今井 雄一郎さん

南足柄市在住 53歳

10月16日号

國見 清さん

最乗寺で写真展を開催している「あしがら写友会」幹事の

國見 清さん

南足柄市在住 76歳

10月9日号

伊藤 美香さん

ユーチューブで映像配信を始めた山北クラシック音楽連盟の会長を務める

伊藤 美香さん

山北町在住 60歳

10月2日号

矢後 昇坪(しょうへい)さん

内山地域福祉会の会長を務める

矢後 昇坪(しょうへい)さん

南足柄市在住 77歳

9月18日号

露木 明さん

「西湘リコーダーバザール」実行委員長を務める

露木 明さん

南足柄市在住 70歳

9月4日号

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook