足柄版 掲載号:2014年8月9日号 エリアトップへ

ふくらん×小田原短期大学 商品開発でコラボ コンテスト最優秀ほか決まる

掲載号:2014年8月9日号

  • LINE
  • hatena
コンテストでは学生らしいアイデアが発表された=5日・小田原短期大学
コンテストでは学生らしいアイデアが発表された=5日・小田原短期大学

 県西福祉会(松本信輔理事長)が運営する菓子店「ふくらん」と、小田原短期大学の学生による「たまごスイーツコンテスト」が8月5日に開かれ、「梅とレモンのメレンゲゼリー」が最優秀賞に選ばれた。

 学生の自由な発想を新商品の開発に活かし、学生たちの障害への理解を深めることを目的に、今回初めて企画された。5月下旬に行われた菓子コンサルタントによる商品開発の講演会から始まり、コンテストには同短大食物栄養学科の2年生49人が参加。友人同士やゼミなどでグループを作り、エントリーは19点にも及んだ。

 事前審査を通過した7作品が本選に進んだ。グループごとに作品のプレゼンテーションを行い、審査員による試食・審査を経て、最優秀賞、優秀賞などが決められた。

 最優秀賞に選ばれた「梅とレモンのメレンゲゼリー」は、社会人学生として同短大で学ぶ栗原紀子さん(50歳・秦野市在住)と草山直美さん(21歳・同)が手掛けた。2人は「最優秀賞は正直驚いた。『ふくらん』さんで余ってしまうと聞いた卵白をメレンゲに、小田原名産の十郎梅と片浦レモンをゼリーにしました。幅広い年代の人に食べてもらえると思うので、これが商品化されたら嬉しいです。コンテストを通じて障害を持った方のことを学ぶこともできました」と話す。

 コンテストに出された学生のアイデアは今後、「ふくらん」で商品化に向けた検討が進められる予定。
 

最優秀賞に選ばれた「梅とレモンのメレンゲゼリー」
最優秀賞に選ばれた「梅とレモンのメレンゲゼリー」
栗原さん(左)と草山さん
栗原さん(左)と草山さん

足柄版のトップニュース最新6

倉庫や有事の給水機能も

仮称・大井中央公園

倉庫や有事の給水機能も 社会

22年度春へ工事進む

2月27日号

上郡5町で集団接種

新型コロナワクチン

上郡5町で集団接種 社会

主会場に大井町総合体育館

2月27日号

遺族支援で新サービス

大井町

遺族支援で新サービス 社会

死亡手続き1カ所で

2月20日号

丹沢湖トイレにアート

山北町商工会青年部

丹沢湖トイレにアート 社会

三保小児童らと制作

2月20日号

松田のマイスター合格

秦野市相原さん

松田のマイスター合格 文化

町外在住者で初

2月13日号

3月末で駐在所に統合

松田警察署山北交番

3月末で駐在所に統合 社会

新たに「車両型」を配備

2月13日号

あっとほーむデスク

  • 2月27日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク