足柄版 掲載号:2014年8月23日号 エリアトップへ

松田町 タブレット導入を準備 講演会に教職員ら100人が参加

教育

掲載号:2014年8月23日号

  • LINE
  • hatena
タブレットの使用法を稲田氏(左)が指導               =18日・松田中学校
タブレットの使用法を稲田氏(左)が指導               =18日・松田中学校

 学校教育にタブレット端末などの情報機器を取り入れる「ICT(情報通信技術)教育」の環境整備を進める松田町で18日、教職員対象の講演会が行われた。ICT推進は、本山博幸町長の公約のひとつ。

 講演会は、ICT教育の先進地として知られる佐賀県武雄市から、同市教育部スマイル学習課の稲田義邦教育指導主事を講師に招き、松田中学校の視聴覚室で開かれた。町内の幼・小・中学校の教職員80人と近隣市町の教育委員など計100人が受講した。

 武雄市は本山町長の出身地。今年度にタブレットを約3200台導入し、市内の小学校全校で児童1人に1台を貸し出し、授業や家庭での予習に活用している。全国から視察が相次ぎ、今回の講演会も本山町長が5月に行政視察に訪れた際に講師の派遣を打診し、快諾を得たことで実現した。

 講演会では稲田氏が武雄市でのICT教育の取り組みや、タブレット導入後の学力調査の成績が全国平均より高くなったことなどを解説。タブレットを使用した模擬授業も行われ、小テストで平均点や回答率などが瞬時に表示されると、感嘆の声があがった。

 松田中学校の齋藤亮介教諭(34)は「SNSなどで武雄市の取り組みを知ってはいたが、実際に話を聞くことができて勉強になった。遠からずこうした時代は来るので、今から学んで積極的に活用を図りたい」と感想を述べた。

 松田町では今年度予算に747万円を計上し、寄小・中学校の無線LAN整備工事やタブレットの購入(14台)、講師の派遣費用などに充てる。2018年度までに、町内の児童・生徒に1人1台の導入を目指す。8月19日現在の小中学生は738人。本山町長は「教育には、その時代に合ったものを検証し、取り入れていくことも必要。それが若者世代に受け入れられ、定住化や人口増加にもつながる。また今回を縁に、足柄上地域全体で連携してICT教育の推進に取り組んでいければ」と話している。
 

足柄版のトップニュース最新6

「乗り合いタクシー」 実証へ

南足柄市

「乗り合いタクシー」 実証へ 社会

福沢地区からスタート

1月23日号

春めきの香り楽しんで

春めきの香り楽しんで 社会

シャンプーなどで商品化

1月23日号

地酒PRもオンライン

地酒PRもオンライン 社会

コロナ禍における初企画

1月16日号

企業マッチングで新商品

さがみ信金

企業マッチングで新商品 社会

開発から販路開拓を支援

1月16日号

花魁の登場に沸く

あしがら博覧会

花魁の登場に沸く 文化

イベント一環で練り歩き

1月9日号

「実富士(みのるふじ)」として角界へ

森田世宝さん(立花学園高3年)

「実富士(みのるふじ)」として角界へ 社会

1月場所でデビュー

1月9日号

あっとほーむデスク

  • 1月23日0:00更新

  • 1月16日0:00更新

  • 1月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク