足柄版 掲載号:2014年8月30日号 エリアトップへ

山北町森林セラピー 癒しツアー好評、遠方からも

文化

掲載号:2014年8月30日号

  • LINE
  • hatena

 山北町の「森林セラピーツアー」が人気だ。趣向を凝らして打ち出すツアーの参加者は9割が町外からの観光客でリピーターも多い。

 ツアーは日帰りで、NPO法人森林セラピーソサエティ(瀬上清貴理事長・東京都千代田区)が認定した「森林セラピー基地」(山北町健康福祉センター内)をスタート。手軽に歩ける「河村城址コース」、洒水の滝まで足を延ばす「河村城址・洒水の滝コース」、健脚者向けの「西丹沢西沢コース」の3種類がある。公認ガイド1人につき5人の参加者を受け持ち、1回あたり15人程度がグループごとに森へ入る。

 出発の前後には血圧や脈拍数を計測し、ストレス度の指標となる「唾液アミラーゼ」の数値変化を確認する。複数のポイントで足を止め、木々を包む空気や風、木々の香り、音などを五感で感じ、地面に横になり静かに過ごす時間もある。昼食後のプチ企画には毎回趣向を凝らし、リピーターを飽きさせない工夫も怠らない。

 昼食時には、管理栄養士と地元主婦らが考案した「森林(もり)のおもてなし弁当」を用意。食材は半分以上が山北町産、その他も国産にこだわり、カロリーや塩分、野菜の量も細かに規定した手作り料理を提供する。

 「森林セラピー」とは、癒し効果を医学的に検証した森林浴効果の総称で、同NPOが普及に取り組む森林での保養活動。

 森林が面積の9割を占める山北町は、この森林を活かした町民の健康増進・疾病予防、地域振興を図ろうと2008年に調査・研究を開始。専門家による被験者12人の実証実験や審査などを経て、11年3月に「森林セラピー基地」の認定を受けた。当時は全国で44カ所目、県内では2カ所目の認定だった。

 難所に挑む「登山」や、景色を楽しむ「ハイキング」、歩くことが目的の「ウォーキング」などとは違い、「癒しやリラックス」が最大の目的。町では「山歩きの初心者や高齢者でも参加しやすいため参加者は8〜9割が女性で、世代も20〜80代までと幅広いのが特徴」だと話す。

 8月23日に開催されたツアーには予約した13人が参加。埼玉県から始発電車でやってきた40代の夫婦や、県内の20代カップル、横浜市と鎌倉市から参加した女性、綾瀬市から参加した81歳の女性は心臓を患い、退院後の初めての遠出先に山北の森林セラピーを選んだという。あいにくの雨模様にも「雨の香りがいい。普段は吸えない空気でとても満足よ」と話していた。

 コースとなる森林や河村城址、洒水の滝には、倒木や雑草、傷んだ看板が目立つ。今後は庁内を横断したコースの整備が待たれるところだ。

 次回は10月25日(土)の開催。(問)山北町森林セラピー運営協議会事務局【電話】0465・75・0822。
 

足柄版のローカルニュース最新6

南足柄の魅力と課題考える

南足柄の魅力と課題考える 社会

国際交流イベント参加者募集

1月25日号

3団体5人を表彰

3団体5人を表彰 社会

令和元年度南足柄市表彰

1月25日号

緊急交通路の通行訓練

緊急交通路の通行訓練 社会

大規模震災を想定

1月25日号

足柄事件簿

1/10〜1/16

足柄事件簿 社会

松田警察署管内

1月25日号

子ども食堂日時変更

子ども食堂日時変更 教育

毎週日曜午後3時〜5時

1月25日号

米寿を記念し個展

米寿を記念し個展 文化

足柄刺繍作家 上田菊明さん

1月25日号

家族の絆深める機会に

家族の絆深める機会に 社会

松田小で親子動物写真展

1月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月25日号

お問い合わせ

外部リンク