足柄版 掲載号:2014年11月29日号 エリアトップへ

「中学卒業まで拡大を」 南足柄 “ママ友”が市に要望

社会

掲載号:2014年11月29日号

  • LINE
  • hatena

 南足柄市に住む小学3年生の子を持つ”ママ友”グループ「子どもの健康を守る会」(高田有記代表)が20日、2300人分の署名を添えて小児医療費助成制度の対象拡大を要望した。同市の通院医療費は小学3年生までが助成の対象だが、これを中学校卒業まで拡大するよう求めた。

 小児医療費助成制度は、子育て世代の負担を軽減するために子どもの通院と入院にかかる医療費を公費負担する県の制度。0歳児から中学卒業までの入院費と0歳児から未就学児までの通院費を県費で負担し、それ以外については自治体が自主財源で助成している。

 入院は県内全ての自治体が中学校卒業までを対象としているが、通院は厚木市と伊勢原市、大和市が中学校卒業まで。小田原市も小学校卒業までが助成対象。 近隣では松田町、山北町が中学卒業まで。大井町は未就学児までだった対象を今年10月から小学校卒業までに拡大した。

 一方、秦野市では小学4年生、茅ヶ崎市は小学2年生、開成町では未就学児までと地域間で大きく異なっているのが現状。

 南足柄市によると、市民から小児医療費の拡大について署名を添えた要望書が市に提出されたのは初めて。要望書を受け取る際に市長は「財政面からも来年度や再来年度に実施することは難しい。今後もひとつひとつの施策の充実を図っていく」などと対応したという。

 南足柄市では2010年に通院の医療費助成を未就学児から小学3年生まで拡大したがそれ以降、拡大はしていない。年間の助成費は約1億円で対象者は2949人。市は小学1〜3年生までの助成費に約3千万円を支出している。

 市長に要望書を手渡した主婦らは「近隣との格差が広がっている。消費増税や円安などで家計の負担が増えるなか、医療費に悩むこともある。同じ世代の子を持つママたちの声を集めて届けた」と話している。
 

足柄版のトップニュース最新6

50周年の節目祝う

50周年の節目祝う 経済

南足柄市商工会青年部

2月15日号

廃トンネル内ウド出荷へ

廃トンネル内ウド出荷へ 経済

2月15日から販売開始

2月15日号

かながわ駅伝あす号砲

かながわ駅伝あす号砲 スポーツ

足柄地域のチームが気勢

2月8日号

子ども向け科学本大集合

子ども向け科学本大集合 教育

南足柄市立図書館 2月末まで

2月8日号

なるか最終メンバー入り

春の甲子園

なるか最終メンバー入り スポーツ

東海大相模高 高橋綾人選手

2月1日号

スマートIC23年度開通へ

スマートIC23年度開通へ 経済

山北町 新東名工期延期で

2月1日号

足柄上一周駅伝あす号砲

足柄上一周駅伝あす号砲 スポーツ

合同庁舎を9時発走

1月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク