足柄版 掲載号:2014年11月29日号 エリアトップへ

津波の教訓、伝えたい 『ハナミズキのみち』淺沼さんが講演

社会

掲載号:2014年11月29日号

  • LINE
  • hatena
淺沼さんの話を静かに聴き入る参加者たち=24日・開成町の瀬戸屋敷
淺沼さんの話を静かに聴き入る参加者たち=24日・開成町の瀬戸屋敷

 東日本大震災の津波で長男=当時25歳=を亡くした陸前高田市の浅沼ミキ子さん(51)が、23日に小田原、23日に開成町で講演した。開成町のNPO法人すずろ(畠山光子理事長)が「震災を風化させないために」と主催した。両会場にあわせて150人が足を運び、震災の惨状と浅沼さんの実体験を聴いた。

 長男の健(たける)さんは、勤務していた施設から利用客を避難させるため市民会館に向かい命を落とした。10日目に対面した遺体の左目から涙のようなものがこぼれ、「高台への避難路の目印にハナミズキを植えて」と夢枕に立ったという。

 ミキ子さんは「何かしなければ」と思い立ち、津波の教訓を後世に伝えようと物語を書いた。絵本画家の黒井健さんが挿絵を描くことになり、昨年5月に金の星社(東京都台東区)から絵本が出版され、累計部数は2万部を超えた。

 この絵本をシンボルにして「ハナミズキのみち」を実現させようと、「陸前高田『ハナミズキのみち』の会」をつくり、有志や支援者とともに活動している。

 この日が初の単独講演となった浅沼さんは「街にどんな災害の歴史があるかを調べ、いざという時の避難場所を確認してほしい。命を守るためには想定以上の想定が必要」などと声を詰まらせながら訴えた。

 参加者した50代の主婦は「開成町にもハナミズキを植えた街路がある。何かの縁を感じる。今後も協力していきたい」と涙ながらに話していた。
 

足柄版のローカルニュース最新6

メイン事業は12月に開催

メイン事業は12月に開催 経済

JC石田理事長に聞く

10月12日号

大井町で「地酒で乾杯」

大井町で「地酒で乾杯」 文化

酒蔵クラシックも盛況

10月12日号

夏のリベンジならず

夏のリベンジならず スポーツ

相洋が東海大相模に敗戦

10月12日号

近づく秋に夏りん蔵

近づく秋に夏りん蔵 社会

ユートピア農園で見頃

10月12日号

合同で剪定講習会を実施

合同で剪定講習会を実施 社会

足柄地区シルバー連絡協議会

10月12日号

開成弥一芋の今季初出荷

開成弥一芋の今季初出荷 文化

全体6割がAランク

10月12日号

相模Vメンバーに湘光出身 高橋君

相模Vメンバーに湘光出身 高橋君 スポーツ

高校野球秋季県大会

10月12日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「郷土のいだてん」足跡を展示

「郷土のいだてん」足跡を展示

12日から 松田町民センター

10月12日~10月18日

足柄版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク