足柄版 掲載号:2015年2月21日号 エリアトップへ

(PR)

実は盲腸より多い病気 医療レポート足柄上病院シリーズ㉑ 加齢によるそけいヘルニア 取材協力/県立足柄上病院

掲載号:2015年2月21日号

  • LINE
  • hatena
白井順也・外科医師
白井順也・外科医師

 「そけいヘルニア」(=脱腸)と「大腿(だいたい)ヘルニア」の患者数の増加に対し、足柄上病院では2009年から専門外来を開設して対応している。ヘルニア専門外来の白井順也・外科医師に詳しい話を聞いた。

 ―それぞれの症状は?

 そけいヘルニアは、立ったりお腹に力を入れた時に、そけい部(足のつけね)に出っ張りが現れます。これは筋膜に空いた穴から腸が突き出ている状態で、指で押すと元に戻り、痛みがない場合もあるため放っておく人もいます。しかし出っ張った部分を押しても戻らない状態(カントン)になった場合に放置すると腸が腐り、緊急手術が必要になってしまいます。大腿ヘルニアは、そけい部のやや下で同じ症状が起きます。

 ―患者の傾向は?

 先天的な人もいますが、老化による筋力の低下が原因になるので、40歳以上の人なら誰でもなる可能性があります。力仕事をする人に少しなりやすい傾向があり、実は盲腸より患者数が多い一般的な病気です。

 ―治療方法は?

 手術以外に根本的な治療方法はありません。近年は、お腹の3カ所に小さな穴をあけて腹腔鏡を入れ、筋膜の穴をふさぐ手術が主流です。患部が確認しやすく、外そけい・内そけい・大腿の3カ所を一度の手術で補強できるので再発の予防にもなります。過去にお腹の手術をしたことがある人以外は、ほとんどこの方法を用います。入院は4泊5日で、手術自体は片側50〜60分程度で終わります。

 ―読者へ一言

 ヘルニアは自然には治りません。痛みがないからと放置せず、悪化する前に早めの受診をお勧めします。

地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立足柄上病院

神奈川県足柄上郡松田町松田惣領866-1

TEL:0465-83-0351
FAX:0465-82-5377

http://ashigarakami.kanagawa-pho.jp/

足柄版のピックアップ(PR)最新6

「美容カイロエステお仕事説明会」

「美容カイロエステお仕事説明会」

22日・23日 参加無料

1月15日号

5周年特別価格で

新作ひな人形が勢ぞろい

5周年特別価格で

1月15日号

G段&紙素材に再注目 ”脱プラ”でSDGs促進

藍染で町に光りを―

足柄上商工会青年部の挑戦

藍染で町に光りを―

12月18日号

資格取得で仕事がさらに充実

高齢者介護福祉潤生園

資格取得で仕事がさらに充実

1月13日から初任者研修 採用予定者は受講料0円

11月27日号

作家・柳田邦男氏の講演会

自分はどう生き切りたいのか― 入場無料

作家・柳田邦男氏の講演会

11月27日号

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook