足柄版 掲載号:2015年3月14日号 エリアトップへ

山北町共和地区 「一緒に木を植えましょう」  10年計画ガチンコ植林

文化

掲載号:2015年3月14日号

  • LINE
  • hatena
水泳大会の会場で水源地をPRした=8日・さがみはらグリーンプール
水泳大会の会場で水源地をPRした=8日・さがみはらグリーンプール

 大野山周辺で山林の再生と活用をめざすNPO法人共和のもり(井上正文理事長)が、3月21日(土)と22日(日)にクヌギの植林を行う。会場となる大野山周辺の雑木林を開墾した山に両日で約3000本の苗木を植える計画で、一般からも広く参加者を募っている。

 参加費500円(保険代)。共和地区特産品のお土産(どうらくかあちゃんの柚子こしょう・シイタケなど)も用意する。

 両日とも午前9時半に旧共和小学校(山北町皆瀬川275)に集合。昼食、軍手、帽子、滑りにくい靴、汚れていい服装で参加を。

 大野山周辺の山林で間伐や地ごしらえなどの山仕事に携わる冨田陽子さん(30)=秦野市在住・写真上中央=は「山のおいしい空気を吸いながら一緒に木を植えましょう」と参加を呼び掛けている。

プールでPR

 3月8日に相模原市中央区のさがみはらグリーンプールで開催された「神奈川マスターズ短水路水泳大会」の会場ロビーで、同法人が山北町共和地区の水源地をPRした。

 ロビーを行き交う約2千人の選手らを前に間伐材で作ったチェンソーアートや丹沢最後の職業猟師、杉本一さん(77)=山北町皆瀬川=が獲った鹿の角を展示するなどした。

 同NPOでは地区内の雑木林などを開墾して、クヌギやコナラなどの広葉樹を中心に植樹している。広葉樹は15年程度で伐期を迎えるため、原木の伐採とシイタケの生産で雇用を生み出す計画がある。21日と22日の植林はその一環。問い合わせは同法人【電話】0465・20・3759へ。

左側が植林後、右が植林前
左側が植林後、右が植林前

足柄版のローカルニュース最新6

園庭が天然芝に

園庭が天然芝に 社会

JFAの事業を活用

4月17日号

自由な木々に囲まれて

記者のまちあるき

自由な木々に囲まれて 社会

4月17日号

劇団蒼天の花が発足

劇団蒼天の花が発足 社会

8月の上映目指す

4月17日号

色濃く赤い食用八重桜

色濃く赤い食用八重桜 社会

大井町から横浜・川崎へ

4月17日号

統合の交番、板囲い

統合の交番、板囲い 社会

解体時期などは未定

4月17日号

防災啓発で10周年

開成町 たんぽぽ

防災啓発で10周年 社会

4月17日号

あっとほーむデスク

  • 4月17日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

  • 4月3日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter