足柄版 掲載号:2015年4月18日号 エリアトップへ

(PR)

小田原の古刹に納骨堂が完成 飯田山福田寺(ふくでんじ) 市内初の屋内納骨壇形式

掲載号:2015年4月18日号

  • LINE
  • hatena

 少子化が進み、先祖代々のお墓を守ることが難しい時代。「夫婦二人だけ」「子どもが離れてしまっている」「お孫さんがいない」など、家庭の事情が様々ある中でも、故人を偲ぶこころは変わらないもの。

 このほど小田原市飯田岡の飯田山福田寺に完成した納骨堂は、各家・各人が先祖を敬うこころを大切にできる、小田原市で初めての納骨壇形式。各家・各人が各々の納骨壇をもち、屋内で礼拝供養ができる。

 飯田山福田寺は平安時代後期の1136年創建、弘法大師(空海)の教えを伝える東寺真言宗の古刹。納骨堂をつくるにあたり、「お寺は様々な先祖供養の方法を提供できるよう、受入体制を整えておくことが大事」と、様々な家庭のニーズに対応できるように検討を重ねたという。「少しでも将来の供養に迷っている方は、ぜひ相談してみてください。きっといい方法が見つかると思います」と橋本尚信住職は話している。
 

飯田山 福田寺

神奈川県小田原市飯田岡257

TEL:0465-36-2755

http://www.a-n.co.jp/fukudennji/idex.html

足柄版のピックアップ(PR)最新6

素材を作り、未来を創る

素材を作り、未来を創る

パナック工業株式会社

1月1日号

窓口で随時相談受付中

もしもの備え忘れないで

窓口で随時相談受付中

1月1日号

「安心の受診環境」を徹底追求

普段通りの地域医療のために

「安心の受診環境」を徹底追求

取材協力/県立足柄上病院

1月1日号

移動手段のニュースタンダード

移動手段のニュースタンダード

株式会社ファーレン小田原

1月1日号

”ものづくり”を革新する3Dプリンティング技術

歩いて医療従事者らを応援

県×三日坊主防止アプリ「みんチャレ」 12月末まで参加特典も

歩いて医療従事者らを応援

12月19日号

あっとほーむデスク

  • 1月16日0:00更新

  • 1月9日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク