足柄版 掲載号:2015年6月20日号 エリアトップへ

民話を元にした紙芝居「狐を化かした話」の絵を描いた 宇田川 聖一さん 大井町金手在住 80歳

掲載号:2015年6月20日号

  • LINE
  • hatena

絵筆がきっかけ

 ○…大井町篠窪に伝わる民話をもとに制作された紙芝居「狐を化かした話」で作画を担当した。郷土史研究家との共作で3年前から毎年1作ずつ制作してきた。このほど3作目が完成した。「山の夜道でのキツネとの化かし合いの話で、それぞれの場面の”夜”の違いを出すのに苦労した」と振り返る。紙芝居は町の図書館で貸し出される。「大井町に伝わる身近な民話なので、子どもから大人までたくさんの人たちに楽しんでもらいたい」

 ○…教師として3校目に赴任した大井町の相和小学校で、子どもたちから地域に咲く花や野草の名前を聞かれ、答えることができなかった。「これではいけない」と、花や野草を絵に描き覚えた。それをきっかけに絵を描く楽しさに目覚め、校長時代には卒業生一人ひとりに挿絵入りの色紙を贈った。戦争体験を題材にした紙芝居が県のコンテストで入賞したこともあり、地域から様々な依頼が舞い込むようになった。

 ○…東京・日本橋生まれの江戸っ子。大学では数学を学び、1960年に山北町の清水小学校で教員生活がスタート。山北、大井、南足柄、中井と渡り歩き、教え子は13歳から60代後半まで、数にしてゆうに千人を超えるという。「定年した今でも街なかで会うと”先生”と声をかけてくれる教え子がいることが嬉しい」。アマチュア無線、水墨画、書道、小説の創作など、趣味も多彩で、最近は米粒に般若心経を書写することにも挑戦している。

 ○…息子夫婦が建て直した家で一緒に住み始めた。「孫中心の生活になったけど、にぎやかで楽しい」と、3世代家族の暮らしを満喫している。5年前からは町の文化財保護委員も務めている。「形あるものだけでなく、土地に住んでいる人たちが伝承してきた昔話も立派な地域の文化財。財産として大切にしていくべき。子どもたちのために」と描きはじめた絵は今では生きがいのひとつになっている。

足柄版の人物風土記最新6

塚本 直樹さん

開成町100人カイギの事務局を務める

塚本 直樹さん

開成町みなみ在住 39歳

11月16日号

石井 哲雄さん

内閣府エイジレス・ライフを受章した

石井 哲雄さん

開成町吉田島在住 74歳

11月9日号

中川 綾(りょう)さん

東海大学湘南キャンパスで行われる「建学祭」の実行委員長を務める

中川 綾(りょう)さん

大井町金手在住 21歳

11月2日号

安藤 和幸さん

内閣府から社会参加章を受章した「シニアネットワークおだわら&あしがら」で代表理事を務める

安藤 和幸さん

小田原市城山在住 69歳

10月26日号

武藤 輝夫さん

開成弥一芋研究会会長の

武藤 輝夫さん

開成町金井島在住 79歳

10月19日号

深見 まさ子さん

二科展の絵画部門で内閣総理大臣賞を受賞した

深見 まさ子さん

大井町金子在住 

10月12日号

田中 悟志さん

日本認知科学会で招待講演を行った浜松医科大の准教授

田中 悟志さん

南足柄市出身 43歳

10月5日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク