足柄版 掲載号:2015年6月27日号 エリアトップへ

南足柄市社会福祉協議会と山崎地域福祉会の会長を務める 森住 敏逸(としいつ)さん 南足柄市塚原在住 71歳

掲載号:2015年6月27日号

  • LINE
  • hatena

「受けた恩を返したい」

 ○…地域で福祉分野のボランティアに長年携わっている。山崎地域福祉会の会長、子どもたちに昔の遊びを教える「トンボ会」の会長、老人会副会長に加え、今年の5月からは南足柄市社会福祉協議会の会長に就いた。「仕事の都合で南足柄市を離れていた時に年老いた両親を近所の人たちが支えてくれた。恩返しをしたいという思いがきっかけ」。感謝の想いが活動の原動力だという。

 ○…富士フイルムで製造ラインの管理や新工場立ち上げなどを担当していた40代半ばに静岡県に異動になった。「2、3年だから」と引き受けたものの、気づけば15年も地元から離れることに。その間に両親も高齢になった。一緒に暮らせない不安のなか、昔から付き合いの深い近所の人たちの存在に支えられた。50歳を迎えた頃、ようやく地元に戻り「今度は自分の番」と、自治会活動などにすすんで参加するようになった。

 ○…生まれ育った塚原の家で妻と暮らす。「外で活動することが好き」で、畑での土いじりや釣りが気分転換になるという。「最近はなかなか時間が取れないのが悩み」という釣りでは、自ら操るボートで相模湾や駿河湾へ繰り出し、釣糸を垂らす。「夏休みには大阪から長男夫婦のところの孫が遊びにやってくる。今年の2月に新しくしたボートに孫を乗せて、釣りを教えるのが楽しみ」だという。

 ○自治会の活動の中で若い人から高齢者まで、多くの人と接し「安心して暮らせるために、みんな、近所の人とのふれあいを求めている」と感じた。公民館を舞台にした交流会「ふれあい広場」や日常の困りごとを助け合う「山崎おまかせ隊」などを仲間と考えスタートさせた。「もともと助け合う風土はあった地域。誰かが仕掛ければ協力してくれる人たちは多くいる。こういう活動を広域に広げていきたい」。自身が体験した”頼れるご近所関係”を作っていく事を目標に活動していく。

足柄版の人物風土記最新6

武藤 輝夫さん

開成弥一芋研究会会長の

武藤 輝夫さん

開成町金井島在住 79歳

10月19日号

深見 まさ子さん

二科展の絵画部門で内閣総理大臣賞を受賞した

深見 まさ子さん

大井町金子在住 

10月12日号

田中 悟志さん

日本認知科学会で招待講演を行った浜松医科大の准教授

田中 悟志さん

南足柄市出身 43歳

10月5日号

江島 紘(ひろし)さん

足柄地域の多くの市町も参加する小田原市ラグビー・オリパラ活性化委員会の会長を務める

江島 紘(ひろし)さん

小田原市城山在住 76歳

9月28日号

飯田 勝宏さん

松田山にコキアの里を開園する

飯田 勝宏さん

松田町松田惣領在住 74歳

9月21日号

坪井 浩司さん

松田町と連携してフィットネスジム運営をスタートする

坪井 浩司さん

大井町金手在住 31歳

9月14日号

荒井 俊明さん

公益社団法人小田原薬剤師会の会長に就任した

荒井 俊明さん

小田原市鴨宮在住 54歳

9月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク