足柄版 掲載号:2015年7月25日号 エリアトップへ

大井中央土地区画整理組合 事務所開設で本格始動 2020年の完了目指す

社会

掲載号:2015年7月25日号

  • LINE
  • hatena
看板をかける間宮町長(右)と露木理事長(左)
看板をかける間宮町長(右)と露木理事長(左)

 大井町役場北側の13・5ヘクタールを事業区域とする「大井町大井中央土地区画整理組合」(露木善一朗理事長・組合員130人)の事務所開きが18日に行われた。

 区画整理事業では、大井町役場の北側からJR御殿場線「相模金子駅」に広がる13・5へクタールの農地を住宅地化する。役場に近い約2ヘクタールの保留地を町が買い取り、防災機能を備えた公園を整備する。

 同地では、昭和59年から平成2年にかけて区画整理への機運が高まり、平成10年まで事業化が模索されていた。その後、町が地権者の意向を調査したところ、後継者不足などから約7割の地権者が区画整理を望んでいることが分かった。

 これを機に平成22年から再び区画整理事業の実現に向けた準備が始まり、今年5月に県から組合設立の設立認可を受けた。

 計画地内には南足柄市和田河原と国道255号線を東西に結ぶ都市計画道路(県道)の整備も予定される。町も定住対策の柱としてこの区画整理事業を支援している。

 区画整理の事業期間は2015年度から6年間で、完成は2020年度となる見通し。このほど開設された事務所が今後の区画整理事業の拠点となる。

 18日に行われた事務所開きには、地権者ら22人が出席。露木理事長は「関係者の協力があってようやくここまできた。人口減少への対策など、みんなの英知を合わせて住みやすい街にしていきたい」とあいさつし、間宮町長は「町としてもこの地区に約1000人が住めるまちづくりを目指したい。住民が安心して遊べる公園の整備も進めていく」と意欲を示した。

足柄版のトップニュース最新6

山北町 河内川沿いで被害

山北町 河内川沿いで被害 社会

台風禍 計画断水も

10月19日号

松田山に稀少生物ヤマネ

松田山に稀少生物ヤマネ 社会

自然館スタッフが発見

10月19日号

小学校に図書寄贈

小学校に図書寄贈 文化

足柄ロータリークラブ

10月12日号

支え合い組織 より強固に

支え合い組織 より強固に 社会

南足柄市で発足式

10月12日号

コキアの里が開園

松田山

コキアの里が開園 社会

10月13日は紅葉まつり

10月5日号

三保小を川村小に統合

山北町

三保小を川村小に統合 教育

令和3年3月末に閉校へ

10月5日号

森林資産を有効活用

森林資産を有効活用 経済

南足柄市 林業6次産業化

9月28日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク