足柄版 掲載号:2015年7月25日号 エリアトップへ

大井よさこいひょうたん踊りの普及に取り組んでいる 武田 純子さん 大井町金子在住 68歳

掲載号:2015年7月25日号

  • LINE
  • hatena

踊りの熱を地域に

 ○…ひょうたんによる町おこしに取り組む「大井町ひょうたん文化推進協議会」で踊り部門の責任者を務める。夏の一大イベントのひょうたん祭を前に、自治会単位などで多くの町民が参加するよさこい踊りの指導にも熱が入る。「よさこい踊りは楽しむことが一番。本番では踊る人、見る人も、祭りに参加するみなさんに盛り上がってもらって、元気なイベントにしてもらいたい」と祭り当日を心待ちにしている。

 ○…協議会との出会いは1999年。「みんなが一緒になって夢中になれる踊りを」と、よさこい踊りが取り入られ始めた頃にメンバーの一人として活動に参加するように。踊りの経験があったことから、リーダーを任され、研修で参加した本場高知のよさこい祭りで参加する人々の「熱」に衝撃を受けた。「よさこいを地域の文化としてさらに根付かせたい。元々自己主張はしない性格だったけど、協議会の活動が自分を変えてくれた」と振り返る。

 ○…愛川町で生まれ、八王子、三鷹で青春時代を過ごした。「あなたは姿勢が悪いから」と母と姉と一緒に日本舞踊を始め、中学ではリズムダンス、40代ではフラメンコにも挑戦した。30歳で結婚し、夫の仕事の拠点があった大井町に移り住んだ。「この町に来るまでは地域活動をほとんどしたことがなかった。踊りが地域と自分をつなげてくれました」。日課としている愛犬の散歩で出会う人も顔見知りばかりになった。

 ○…活動を共にするメンバー35人の平均年齢は66歳。「みんな”熱”をもって参加している。若いメンバーもいるが、後継者の育成もこれからは大切」と、10年前からは町内2校の小学4年生に指導を続けている。「教えた子どもたちもそろそろ成人を迎える時期。小学生で覚えたよさこいひょうたん踊りを大人になった子たちが踊るような流れにしたい。一緒に活動してくれる日を楽しみにがんばりたい」

足柄版の人物風土記最新6

加藤 かいさん

南足柄市でオリーブを生産する

加藤 かいさん

南足柄市岩原在住 38歳

1月18日号

鳥海 忠明さん

介護のチカラで南足柄を一番にする会NEXT10の代表を務める

鳥海 忠明さん

南足柄市和田河原在住 45歳

1月11日号

なつめさん

ファーストミニアルバム「I」をリリースした

なつめさん

南足柄市在住 22歳

1月4日号

鈴木 敬太さん

1月1日付であしがらJCの理事長に就任した

鈴木 敬太さん

開成町みなみ在住 35歳

1月1日号

石田 精二さん

江戸角凧の展示会を行う

石田 精二さん

山北町向原在住 72歳

12月21日号

山岸 榮市さん

虫沢古道を守る会会長の

山岸 榮市さん

松田町寄在住 71歳

12月14日号

清水 友紀さん

県から表彰された開成町ASOBI隊の代表を務める

清水 友紀さん

開成町吉田島在住 

12月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク