足柄版 掲載号:2015年8月22日号 エリアトップへ

大井町で「創造教育」に取り組む 大津 孝佳さん 大井町金手在住 54歳

掲載号:2015年8月22日号

  • LINE
  • hatena

「足柄から想像する力を」

 ○…生まれ育った大井町を中心に「子どもたちの想像する力を育てたい」と、科学講座や電池自転車レースに出場する中学生チームのアドバイザーを務める。「足柄地域には様々な分野の企業が研究施設を構え、子どもたちへ創造教育を行う土壌がそろっている」と、その可能性を語る。鈴鹿高専の教授として三重県で取り組んだ「地域特性を活かした創造教育」を今度は生まれ育った故郷に還元しようとしている。

 ○…山梨大学大学院を卒業後に日立製作所に入社。ハードディスクなどの磁気記憶装置を25年にわたって研究した。2010年に鈴鹿工業高等専門学校、今年4月からは沼津工業高等専門学校に籍を移し、大井町から通いながら教鞭を執っている。鈴鹿高専時代には、モーターレースの聖地・鈴鹿サーキットを抱える鈴鹿市で子どもたちと科学を結び付ける活動に尽力してきた。三重県では社会教育委員も務めている。

 ○…「世代や分野が違う人が集まるとおもしろいものが生まれる」。西湘高校では理系、文系関係なく「ものづくりができる場所を」と物理研究部を立ち上げ、大学時代には山梨県で世代を超えたアマチュア無線のクラブも立ち上げた。理系の合理的な性格と思われがちだが、根本では人のつながりに大きな魅力を感じる人情派。「人のつながりが組織を作る。子どもの教育でも大井町には自分にできないことができる”良い人”がとても多い」。

 ○…子どもたちと接する際にはプラスチック製の「3Dブロック」を教材にする。3歳児でもできるブロック遊びはまず「組み合わせる」ことから始まるが、それに「動き」や「制御」などを段階的に加えていく先に自身の研究テーマである「ロボット&モビリティー」につながっていると力説する。「子どもたちに創造することのおもしろさを伝えていきたい」。生まれ育った故郷の地域特性を活かし、創造教育の芽を育てていく。

足柄版の人物風土記最新6

古屋 沙樹さん

日本人で初めて国際的な映画音楽コンクールでトップ10入りした

古屋 沙樹さん

南足柄市在住 30歳

7月31日号

相田 一己(かずみ)さん

神奈川県内唯一の山岳救助技能指導官を務める

相田 一己(かずみ)さん

山北町在住 55歳

7月17日号

秋山 勝さん

東京地方税理士会小田原支部の支部長に就任した

秋山 勝さん

小田原市城山在住 59歳

7月10日号

遠藤 康弘さん

さがみ信用金庫の新理事長に就任した

遠藤 康弘さん

開成町在住 65歳

7月3日号

高村 雅美さん

Judy’s Dinerを経営する

高村 雅美さん

南足柄市在住 46歳

6月26日号

山本 茂富さん

画家兼バッジ製作者として活動する

山本 茂富さん

二宮町在住 62歳

6月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月17日0:00更新

  • 7月10日0:00更新

  • 7月3日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月31日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter