足柄版 掲載号:2015年9月26日号 エリアトップへ

最高齢104歳をお祝い 開成町の仙石ふさ江さん

社会

掲載号:2015年9月26日号

  • LINE
  • hatena
府川町長から記念品を受け取る仙石さん=17日・メゾン開成
府川町長から記念品を受け取る仙石さん=17日・メゾン開成

 開成町にある社会福祉法人一燈会の特別養護老人ホーム「メゾン開成」(名渕貴志施設長)で暮らす仙石ふさ江さんが9月3日で104歳を迎え、開成町の女性最高齢者となった。17日には施設の入居者15人とスタッフが仙石さんを祝う会を開いた。祝う会には開成町の府川裕一町長も駆け付け、記念品を贈った。

 仙石さんはお祝いの花束と記念品を受け取ると「みなさんに祝ってもらって感無量です」と笑顔を見せていた。

 日中はお気に入りのソファでくつろぎながら、趣味の俳句を詠むことが楽しみという仙石さん。「お肉が元気の源」という食事も自分で食べ、歩行器を使いながら元気に歩くこともできるという。

 長生きの秘訣を聞かれると「その時その時を大切に自分がどの程度対応できるかを考えています。与えられた命を大切にしていくだけです」と答えた。

 コーヒーが好きで、誕生日には相模原に住む孫と一緒に、南足柄市のコーヒーショップでコーヒーとケーキでお祝いをしたという。

 明治44年(1911年)、静岡県伊東市の漁師の家に生まれた仙石さんは、結婚を機に満州へ。終戦後に帰国し、夫の実家があった箱根町で暮らしていた。2013年から同施設に入居し、102歳の時に開成町の女性最高齢者になった。

 当紙発行エリア1市4町の女性最高齢は、松田町寄で暮らす105歳の女性。

足柄版のローカルニュース最新6

神奈川工場の見学終了

アサヒビール

神奈川工場の見学終了 社会

4月10日号

決済アプリで消費喚起

神奈川県

決済アプリで消費喚起 経済

最大2割のポイント還元

4月10日号

道の駅でも赤、白、黄色

藤澤ノリマサコンサート

藤澤ノリマサコンサート 文化

タウンニュースホール

4月10日号

足柄上保護司会りんどう会館に

芦ノ湖で花火大会

芦ノ湖で花火大会 社会

4月10日打ち上げ

4月10日号

あっとほーむデスク

  • 4月10日0:00更新

  • 4月3日0:00更新

  • 3月27日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク