足柄版 掲載号:2015年10月30日号 エリアトップへ

勝俣君の夢4年後に ドラフト会議で指名されず

スポーツ

掲載号:2015年10月30日号

  • LINE
  • hatena
今後は打者に専念し再びプロを目指す
今後は打者に専念し再びプロを目指す

 東海大菅生高校3年の勝俣翔貴君(箱根町出身)は、10月22日に行われたプロ野球新人選手選択会議(以下ドラフト会議)で指名が期待されたが、事前に3位以下なら大学進学と公言していたこともあり、最後まで各球団から指名されることはなかった。卒業後は国際武道大学へ進学する予定。

 憧れの夢舞台は、4年後に持ち越された。

 事前に同校野球部の若林弘泰監督との話し合いで「3位以下の指名なら大学進学」と定め、臨んだ運命の日。勝俣君は、ドラフト会議が始まった午後5時から野球部員らとともに、教室でテレビ中継を見守った。今年8〜9月に開催されたU-18W杯で一緒に戦った高橋純平君(県岐阜商)らが続々と上位指名を受け、自身もその瞬間を待った。だが、各球団の4巡目指名が終了した時、勝俣君は監督らと会場を退出。その後、1人で姿を現した若林監督が重い口を開いた。

 「スカウトの方にも2位までならと言っていたので、この後の指名はない」と説明。試合で負けても涙を見せなかった勝俣君だが、この時ばかりは悲しみに暮れていたという。

「必要とされる選手に」

 一夜明けた23日、勝俣君は取材に対し「プロ球団から欲しいという選手になりきれていなかった。大学でも一生懸命練習し、1位指名されるような選手になりたい」と話した。

 中学時代に在籍した小田原足柄リトルシニアの古舘哲志監督(66)も「もう1度鍛え直して4年後にプロへいってほしい」とエールを送り、母・文子さんは「これからもしっかり見守りたい」と語った。

部員と共に指名を待った
部員と共に指名を待った

足柄版のローカルニュース最新6

「戦後語り部」の一員に

南足柄市の石野幸子さん

「戦後語り部」の一員に 社会

4月4日号

南足柄市がJAFと協定

南足柄市がJAFと協定 経済

観光情報の発信でタッグ

4月4日号

雛で心を和ませて

雛で心を和ませて 文化

山北町生涯学習センター

4月4日号

足柄事件簿

3/20〜3/26

足柄事件簿 社会

松田警察署管内

4月4日号

4月1日付人事異動

1市4町

4月1日付人事異動 経済

3月28日号

特別窓口で支援強化

さがみ信用金庫

特別窓口で支援強化 経済

新型コロナ対策の一環

3月28日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月4日号

お問い合わせ

外部リンク