足柄版 掲載号:2016年1月9日号 エリアトップへ

香る“春めき桜”を寄贈 南足柄の古屋さん、日本点字図書館に

社会

掲載号:2016年1月9日号

  • LINE
  • hatena
古屋さん(左)から杉山館長に桜が手渡された=12月22日・古屋さん宅
古屋さん(左)から杉山館長に桜が手渡された=12月22日・古屋さん宅

 南足柄原産の桜「春めき」を生産する農家、古屋富雄さんから12月22日、社会福祉法人日本点字図書館(東京都新宿区高田馬場)に春めきが贈られた。

 南足柄市塚原の古屋さん宅に日本点字図書館の杉山雅章館長が12月22日に訪れ、高さ約4mの春めきが贈呈された。

 杉山館長は「香りでも楽しめるという春めきの特徴を活かして視覚障害者の方にもぜひ春を感じてもらいたい」と話す。

 古屋さんは「実際に視覚障害者の方から、香りで桜が楽しめることを教えられたことがあった。ボランティアで運営されている点字図書館の取り組みに感銘を受けていたので、ぜひ贈りたいと思った」と述べる。

 贈られた桜は点字図書館創立者、本間一夫(1915〜2003)の生誕百年を記念して館内の中庭に植樹され、今春にも花を咲かせるという。

 日本点字図書館は、自身も視覚障害者だった本間一夫氏が1940年に開設した「日本盲人図書館」が起源。戦時中の茨城県への点字図書の疎開などを経て、1948年に「日本点字図書館」に改称。現在では約300人のボランティアによって一般図書を点字に訳す点訳や音声図書の録音などの作業が行われている。

 1998年に国費で現在の本館と別館が建て替えられた際には、式典に皇后陛下もご臨席されている。皇后陛下はその後も数回にわたり、図書館を訪れているという。

 図書の貸し出しには日本郵政が協力し、全国からの依頼に無償で郵送。毎日トラック1台分の点字図書を郵送で貸し出している。

 近年は音声図書や点字図書のデジタル化なども進み、利用者はホームページからすべて無料でダウンロードして利用することができる。

 杉山館長は「以前は図書館の玄関にも桜があり、春になると、利用者の方々を楽しませていました。今はなくなってしまいましたが、創立者の生誕百年に合わせてこうしてまた桜が復活したことが嬉しい。多くの人に桜の香りで春を感じてもらえれば」と話す。

足柄版のトップニュース最新6

足柄地域に800万円

ヤオマサ株式会社

足柄地域に800万円 経済

教育振興へ寄付

7月4日号

現場奮い立たせた手紙

現場奮い立たせた手紙 社会

足柄上病院全体に勇気

7月4日号

段階的に通常診療再開

足柄上病院

段階的に通常診療再開 社会

院内での感染予防も徹底

6月27日号

遠隔ロボットでオンライン面会

遠隔ロボットでオンライン面会 社会

県西福祉会で実証実験

6月27日号

峠越えを目指すランナー集う

峠越えを目指すランナー集う 社会

さくらの湯が人気スポットに

6月20日号

子育て世帯に飲食券1万円

子育て世帯に飲食券1万円 経済

松田町 町内飲食店で利用可

6月20日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月6日号

お問い合わせ

外部リンク