足柄版 掲載号:2016年1月30日号 エリアトップへ

松田町 「住みたい町」に変化 施策に手ごたえ、実績も

社会

掲載号:2016年1月30日号

  • LINE
  • hatena
愛犬と遊ぶ鈴木さん夫妻と孫=松田町寄ドッグラン
愛犬と遊ぶ鈴木さん夫妻と孫=松田町寄ドッグラン

 松田町寄に昨年末、1組の夫婦が引っ越してきた。

 鈴木謙一さん(53)と弥生さん(55)は結婚から33年が経つ、ともに現役世代の会社員だ。共働きで子ども2人を育て、昨年末に横浜市旭区の戸建てを売却し、寄に約100坪の土地を購入して平屋を建てた。

 自宅にはチワワやミニチュアダックスフンド、ラサアプソ、バーニーズ・マウンテン・ドッグ合わせて10匹とウサギ1羽がいる。

 3年ほど前、会員制交流サイト「フェイスブック」で、寄に住む同じ犬種の飼い主と知り合い、夏に初めて寄の町営ドッグランを訪れた。「涼しくて広くて、水遊びもできる」と気に入り寄へ通うようになった。

 夫の謙一さんは自動車マフラーを製造する静岡県裾野市の会社に勤務。「半分は単身赴任」だった。妻の弥生さんは田園都市線の藤が丘で介護の仕事に就く。

 弥生さんは毎朝、車で渋沢駅へ行き、月極めの駐車場に車を置き電車で通勤。片道約2時間も「全く苦にならない」。謙一さんの通勤はその分、楽になった。 取材した1月23日は土曜日で、前日の夜から孫が横浜から遊びに来ていた。「横浜での表情とこっちでの表情が全然違う。2人もここが好きみたい」と弥生さんのほほが緩む。

 2人には全国各地に「犬トモ」がいる。夏にその友だちを寄の自宅に招き「オフ会」を開く。弥生さんは「移住に興味を持つ友だちもいる。寄の魅力を知ってもらい、何度も足を運んでもらいたい。この場所と縁があってよかった」と話す。

松田町定住対策 攻めの姿勢で積極PR

 人口減少が進む松田町にとって、人口の社会増に繋がる移住転入は願ってもないことだ。とりわけ横浜や川崎、東京方面など首都圏からの移住を促す取り組みに力を入れている。

 本山町政2年目の2014年10月に町は、定住少子化担当室を新設。積極的な外回りで町の特徴や魅力をPRしながら、今年度は「移住」や「帰住」に繋がる新制度を創設して攻勢を強めている。

 そのひとつ「ふるさと松田同窓会開催支援助成金」は、町の小中学校を卒業して町外に暮らす20歳以上の人が参加する同窓会の参加者1人につき2千円の商品券を助成し、同窓会で町や定住対策をPRしてもらう。年間5件の申請を見込んでいたが1月末までに16件の申し込みがあった。

 「二世帯同居等支援奨励金交付制度」は親世帯と同居または近居する子世帯に最大30万円の奨励金を支給するもの。こちらもすでに12件の申請があった。

 地方創生でしのぎを削る各町だが、もともとある地域の資源を活かし、新たな施策を上乗せすることで反応も出始め、明るい兆しも見えてきている。
 

足柄版のローカルニュース最新6

狩野エンゼルス優勝

第42回大磯照ヶ崎旗杯

狩野エンゼルス優勝 スポーツ

5月14日号

入賞17点決まる

松田町フォトコン

入賞17点決まる 社会

5月14日号

災害時のトイレを考える

災害時のトイレを考える 社会

南足柄市で講演会

5月14日号

人工芝グラウンド体験を

人工芝グラウンド体験を 社会

6月11日無料開放

5月14日号

求む、松田ブランド

求む、松田ブランド 社会

6月10日まで受付中

5月14日号

色鮮やかに咲き揃う

色鮮やかに咲き揃う 文化

北条さつき会が展示会

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook