足柄版 掲載号:2016年2月20日号 エリアトップへ

予算概要を説明 山北町と南足柄市

政治

掲載号:2016年2月20日号

  • LINE
  • hatena
山北町 湯川町長
山北町 湯川町長

 山北町の湯川裕司町長は16日午前に会見し、2016年度当初予算案の概要を説明した。一般会計は対前年4・4%増の45億3600万円。新年度は定住対策、子育て支援、鳥獣害対策、公共施設の老朽化対策を重点事業とした。

 定住対策では東山北駅前整備を進め、お試し住宅の提供も始める。子育て支援では来年4月の開園に向けて認定こども園の整備に着手。三保小で放課後子ども教室を実施し、不妊や不育症治療への支援制度を新設。鳥獣対策では1頭3千円を支給する駆除助成制度を創設する。橋の補強などに4900万円を確保した。

 そのほかにもふるさと納税のインターネット受け付けを4月に開始し、河村城址歴史公園に展望台とトイレを整備する。

 歳入の柱となる町税は対前年3・3%減の18億3400万円。町債は10・1%増の4億700万円。歳出のうち人件費は同0・6%減の12億700万円、扶助費は同0・9%減の4億7200万円、公債費は同4・2%増の3億8500万円、議会費は同6・6%減の1億200万円。

 南足柄市の加藤修平市長は16日午後に会見し、2016年度一般会計予算案の概要や新年度の重点事業などについて説明した。

 一般会計は対前年6・2%減の131億5500万円。昨年の市長選で公約した子育て支援、地域経済の活性化、防災などを新年度の重点施策にあげた。

 子育て支援では妊娠期から就学前まで一貫支援する「出産・子どもネウボラ」を開設し、学童保育所への運営費助成額を増やす。

 現行で小学4年生までとしている小児医療費助成事業(通院)は「中学3年生まで無料化」を公約したが、新年度は拡充しない。

 地域経済の活性化策では箱根ジオパーク編入の啓発など既存事業の踏襲が目立つ。道の駅と都市計画道路千津島・苅野線の整備は新年度に巻き返しを図る。

 市税は対前年比2・5%減の69億200万円。市債は同37・2%減の8億6千万円、歳出のうち人件費は同4・6%減の27億3700万円、公債費は同0・9%減の15億1700万円、議会費は同7%減の1億7100万円。

南足柄市 加藤市長
南足柄市 加藤市長

足柄版のローカルニュース最新6

ルール守って熱い応援

ルール守って熱い応援 スポーツ

小田原球場でプロ野球

10月24日号

駅徒歩1分の町営住宅

駅徒歩1分の町営住宅 社会

入居者を募集

10月24日号

コキアの里 紅葉真っ盛り

大地震に備える術

各分野の専門家が伝授

大地震に備える術 社会

10月24日号

ホームタウン初戦は黒星

ホームタウン初戦は黒星 社会

町田に1点差で敗れる

10月24日号

小田原駅の100年伝える

小田原駅の100年伝える 社会

鉄道歴史研究会が資料展

10月24日号

あっとほーむデスク

  • 10月24日0:00更新

  • 10月17日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月24日号

お問い合わせ

外部リンク