足柄版 掲載号:2016年4月16日号 エリアトップへ

従来の関係、見直そう デスク・レポート

政治

掲載号:2016年4月16日号

  • LINE
  • hatena

 ▼南足柄市役所の1階で職員3人を立たせ、延々と説教する「お客様」を目にした。30分ほどの用を足してもまだやっていたので少し耳を傾けてみると、一方的な内容に気づいた。時折うなずきながら話を聴く職員も困り果てた様子だった。たとえ行政職員とであっても、理不尽なことには毅然と対処する気概があってもいい。見方を変えれば、そういう時にこそ所属長の出番ではないだろうか。あまりに理不尽な「お客様」にはスマートにご退場いただく接客術を持ち合わせてはいかがだろうか。

 ▼行政が住民の声に耳を傾けるのは当然のことだが、あわせて配慮したいのが説明の「仕方」だ。相手の納得は単に紙や言葉で説明するだけでは得られないのが相場だ。特に行政の場合には塩梅が難しいのだろう。かつて「広報広聴事業は行政の呼吸である」と声高にし、その姿勢を貫徹する首長がいた。多少の強引さはあったが、日ごろの細かなそして親身な傾聴が功を奏してか、数々の難局を自我の主張と政治判断で乗り切る姿を見た。この地域では大井町の間宮町長がそうした政治家のタイプに当てはまるような気もする。

 ▼南足柄市の道の駅、開成町の新庁舎、大井町のパークゴルフ場、松田町の新松田駅周辺、山北町には新東名スマートインターなど、各市町はそれぞれ大きな事業と相対している。いずれもトップの先見性や政治力、さらに住民の理解と参加が不可欠だといえる。優れた計画や運営方法、財政措置はさることながら、行政による住民への説明、あるいはその「仕方」が事業の成否を決める、と言っても過言ではない。

 ▼地方創生や県の未病を治す取り組み、小田原市と南足柄市による自治体の在り方協議など、足柄上地区の自治体を取り巻く環境は「動」へとシフトしている。いずれの政策も遠からず連動した動きであり、「人口減少社会」に対応する重要な取り組みだと言えそうだ。足柄平野には東京圏に住む人たちにとって魅力となり得る地域資源があちこちに満ち溢れている。手つかずの資源もある。従来の行政と住民の関係を見直し、それぞれの立場を尊重しながら「人口減少社会」と対峙する必要がある。

足柄版のローカルニュース最新6

「スマホでも本読んで」 

西湘高

「スマホでも本読んで」  教育

電子図書館サービスを導入

6月19日号

玉野さんら4人を表彰

市教育委員会

玉野さんら4人を表彰 教育

6月19日号

クマ目撃相次ぐ

クマ目撃相次ぐ 社会

ハイカーに注意喚起

6月19日号

平年遅れの梅雨入り

湯河原は開設、小田原・真鶴中止

県西エリア海水浴場

湯河原は開設、小田原・真鶴中止 社会

6月19日号

水泳授業 今夏も中止に

水泳授業 今夏も中止に 教育

足柄上地域の小中学校

6月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月19日0:00更新

  • 6月12日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter