足柄版 掲載号:2016年4月16日号 エリアトップへ

往年の箱根駅伝ランナー 加藤 安信さん 南足柄市儘下在住 59歳

掲載号:2016年4月16日号

  • LINE
  • hatena

黙々と、今もこれからも

 ○…南足柄市制記念駅伝競走大会に14年ぶりに出場した南足柄市役所チームの監督を務めた。大会直前に、競技の経歴を知る加藤市長から要請を受けた。休部状態の市役所陸上部。復活のレースに集まった選手たちには「楽しく走って、襷をゴールまで持ってきてくれればいい」と声をかけた。結果は出場40チーム中22位。その結果よりも市役所チームとして出場できたことが嬉しかったという。

 ○…山北高校に入学してから陸上競技を始めた。高2の冬に友だちと沿道の応援に行った箱根駅伝を見て「衝撃を受けた」。それ以来、「箱根を走りたい」との思いで練習に打ち込むと3年生で関東大会に出場。当時上位の常連だった東京農大の門を叩いた。大学2年で臨んだ1977年の第53回大会で初めてメンバーに入ると、憧れの復路6区を任され「無我夢中」で走った。結果は堂々の区間2位。「区間賞を獲りたかった」と今も悔やむが3年時は3区で3位、主将を務めた4年時は7区で区間2位と輝かしい成績を残した。

 ○…勤務先の南足柄市役所では農業委員会の事務局長を務め、自宅でも米作りに汗を流す。春は田植え、秋には稲刈りと、私生活の大半を農業に費やすなか、30歳を過ぎた頃に母校の東農大から指導者の要請を受けた。コーチと監督をそれぞれ2年間ずつ務め教え子を3度、箱根駅伝に導いた。「土日だけの指導でしたが選手がよくやってくれた。私が監督車に乗ると勝てなかった」と苦笑いした。

 ○…競技で培った厳しさはあまり外見に発露しない。長い距離を黙々と走る姿勢は市役所での勤務にも現れている。今回のレースをきっかけに市役所では陸上部再興の機運もある。市役所での指導もさることながら、これまでの経験を活かしもう一度、後進の指導にあたりたい気持ちもある。「南足柄の陸上競技の普及に協力したい」。今回のレースが何かのきっかけになるかもしれない。
 

足柄版の人物風土記最新6

児玉 洋一さん

神奈川県町村議会議長会の会長に就任した

児玉 洋一さん

山北町在住 47歳

6月12日号

葛西 宣則(かっさい よしのり)さん

自衛隊の経験を生かし、開成町防災安全専門員として励む

葛西 宣則(かっさい よしのり)さん

開成町在住 61歳

6月5日号

佐藤 静さん

「minaka dayマルシェ」の実行委員として中心的な役割を務める

佐藤 静さん

山北町在住 39歳

5月29日号

湯川 仁士(まさし)さん

パステル画と詩で自然の姿を表現する

湯川 仁士(まさし)さん

山北町在住 68歳

5月22日号

阿部 玲子さん

保護司として長年更生活動に努め、このほど藍綬褒章を受章した

阿部 玲子さん

開成町在住 75歳

5月15日号

久富 みちよさん

交流イベント「花いっぱいカフェ」を初開催した

久富 みちよさん

南足柄市在住 67歳

5月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月12日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter