足柄版 掲載号:2016年5月21日号 エリアトップへ

小田原城、衣替え 平成の改修終わる

社会

掲載号:2016年5月21日号

  • LINE
  • hatena
入場者の波が途切れることがなかった5月1日=小田原城天守閣・本丸広場
入場者の波が途切れることがなかった5月1日=小田原城天守閣・本丸広場

 小田原市のシンボルとして親しまれている小田原城天守閣で5月1日、耐震改修工事を終え一般公開が再開された。市観光課によると、大型連休最終日の8日までに4万7785人が来場するなど、過去10年間で最多の観光客で賑わった。

 耐震化にあわせ城内に32カ所の耐震壁を配置し、1960年の再建から初めて展示スペースを一新した。1階を「江戸時代の小田原城」、2階を「戦国時代の小田原城」と位置付け、3階は「美術工芸と考古」、4階が企画展示室になっている。

 改修の目玉は最上階に再現された摩利支天像の安置空間。故・西和夫神奈川大学名誉教授の調査で、江戸時代に天守最上階にあったことが判明した空間の一部を、小田原の木材を使い、地元の職人たちの手で甦らせた。小田原藩主・大久保忠朝が1686(貞享3)年に奉安したといわれる高さ62cmの像や、直径45cmの将軍柱は必見だ。

 天守閣を管理する小田原市では、5月1日の入場料収入245万8160円を全額、熊本市に送り、熊本城再建の費用にあててもらうことにしている。今後も城内に募金箱を設置して修復を支援する考えだという。

足柄版のローカルニュース最新6

園庭が天然芝に

園庭が天然芝に 社会

JFAの事業を活用

4月17日号

自由な木々に囲まれて

記者のまちあるき

自由な木々に囲まれて 社会

4月17日号

劇団蒼天の花が発足

劇団蒼天の花が発足 社会

8月の上映目指す

4月17日号

色濃く赤い食用八重桜

色濃く赤い食用八重桜 社会

大井町から横浜・川崎へ

4月17日号

統合の交番、板囲い

統合の交番、板囲い 社会

解体時期などは未定

4月17日号

防災啓発で10周年

開成町 たんぽぽ

防災啓発で10周年 社会

4月17日号

あっとほーむデスク

  • 4月17日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

  • 4月3日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter