足柄版 掲載号:2016年5月28日号 エリアトップへ

自宅の庭を一般に開放している 飯嶋 博さん 南足柄市狩野在住 68歳

掲載号:2016年5月28日号

  • LINE
  • hatena

ずっと花のある人生を

 ○…2012年からバラの咲く時季に合わせて約1週間、自宅の庭を開放。5回目となった今年も、多くのファンが足を運ぶ。「リピーターも多くて、私たち夫婦も励みになっている」と、穏やかな口調で話す。

 ○…生まれも育ちも狩野。子どもの頃は野山をかけ回っていた。「狩川で魚を捕まえたり泳いだり。山にはおむすびを持ってクワガタを捕りに行ったこともある」と当時を懐かしむ。自然が身近にあったせいか、大学時代はワンダーフォーゲル部に所属。山そのものよりも山野草が好きだというが、社会人になってからも登り続け、北は大雪山、南は屋久島の宮之浦岳などおよそ60峰を踏破した。妻を誘って登ることもあるが「今は庭の手入れが忙しくて行く時間がない」という。

 ○…花いっぱいの庭にしたい―。そう思ったのは人との繋がりの大切さを感じているから。「自治会活動や福祉の仕事に携わる中で、『向こう三軒両隣』の重要性を感じた。気軽に話せる環境を作りたくて」と真っ直ぐな視線を向ける。退職を機に故郷に戻り10年ほど前から庭づくりをはじめた。台風でツルバラのアーチが倒れるなどトラブルもあったが、庭づくりへの想いがこれまでの日々を支えた。

 ○…部屋の中には子どもの笑顔あふれる写真がいっぱい。写っているのは3歳から中学2年生までの孫5人。県外に住む子どもたちが、定期的に送ってくれるという。遊びに行くと「じぃじと一緒に足柄に行く」と泣かれるほど”良いおじいちゃん”。奥さんも花が好きになり、今では共通の趣味。「一緒にできることがあるのは嬉しい。動けなくなるまでずっと、二人三脚で続けたいね」と愛妻に微笑む。今後の目標は、『四季を愛でる会』の本格稼働。現在会員は自身と妻の2人。仲間と集い、季節を感じるひとときを楽しみしたいという。「庭の花や木を眺めたり、十五夜をしたり。星を見るのもいいね」とロマンは広がるばかり。

足柄版の人物風土記最新6

山口 政則さん

松田警察署長に就任した

山口 政則さん

松田町在住 58歳

4月10日号

菊池 あかねさん

開成町と移送に関する協定を結んだ「福祉タクシー千+α」の代表

菊池 あかねさん

開成町在住 50歳

4月3日号

根岸 亜美さん

オダワラブレイクの企画を手掛ける

根岸 亜美さん

大井町在住 27歳

3月27日号

山本 良憲さん

レストランガイド「ゴ・エ・ミヨ」に掲載された「メシモ」のソムリエ

山本 良憲さん

松田町出身 36歳

3月20日号

山岸 万里子さん

毛糸を使った刺繍「タピボン手芸」を広める

山岸 万里子さん

小田原市在住 59歳

3月13日号

湯川 勘一さん

三保小閉校式の実行委員長を務める

湯川 勘一さん

山北町在住 70歳

3月6日号

あっとほーむデスク

  • 4月10日0:00更新

  • 4月3日0:00更新

  • 3月27日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク