足柄版 掲載号:2016年8月27日号 エリアトップへ

2市協議、4割が「初耳」 小田原・南足柄合併アンケート

政治

掲載号:2016年8月27日号

  • LINE
  • hatena

 小田原市と南足柄市は10月の2市協議会設置を前に、両市の将来のあり方についてアンケートを実施、その結果がまとまった。2市協議会では、合併など2市の今後を検討するが、協議会設置についてこのアンケートで「初めて知った」という市民が4割を超える等、認知度の低さを露呈する結果となった。

 アンケートは2016年4月1日時点で両市に住民登録があり、6月1日現在で居住する18歳以上の市民を対象に、地区別、年齢階層別に3600人(小田原・2372人、南足柄・1228人)に郵送。7月1日から15日までを調査期間とし、35・08%(小田原767人、南足柄473人)から回答を得た。

※  ※  ※

 回答状況を年齢別にみると、両市ともに60歳代が最も多く、次いで70歳代、50歳代、40歳代と続いた。

 「2市協議会設置をどのように知ったか」では、『このアンケートで初めて知った』が全体の4割を超え、小田原市は5割に迫った。

 事前に知った人の中では『新聞やタウン紙などの報道』が最も多く、次いで『市が発行する広報』『家族や知り合い』となり、『ホームページ』は2%に満たなかった。

 「2市が協議することについて」は、両市とも『必要』が最も多く、『どちらかといえば必要』を加えると小田原市は7割強、南足柄市は8割弱に上った。

 一方『必要ない』『どちらかといえば必要ない』は、両市とも1割程度だった。

 「今後どのような情報が欲しいか」については、2市ともに合併後の『負担増や各種サービスの水準』について最も関心が高かった。

 「情報を得やすい方法」では、市が発行する広報紙がトップ。次いでタウン紙等の地域情報誌が続いた。南足柄市では協議会が発行する広報紙に期待する声が上位だったが一方、FM局を持つ小田原市では、『新聞・テレビ・ラジオ』の回答が南足柄市より目立った。

 「合併に期待する効果」については、『行政の効率化や経費の削減』がトップ。小田原市は『広域的なまちづくりの推進』が次いだが、南足柄市は『利用できる窓口や公共施設の増加』や『行政サービス水準の向上』など利便性のアップに期待する割合が小田原市より高く、上位を占めた。一方で、小田原市は『わからない』が南足柄市の1・4倍も多く、『効果はない』という回答も多かった。

 「合併に対して不安に思うこと」は、『公共料金の値上げや行政サービスの低下』を懸念する声が両市とも最も多かったが、南足柄市では『中心部との格差』

が生じることへの不安を指摘する意見も同様に多かった。また自治体が大きくなることで『市民の声や要望が届きにくくなる』不安を感じている人が小田原市より多かった。

 アンケート結果の概要は、両市のホームページで閲覧できる。

足柄版のローカルニュース最新6

今春、ヒノキ花粉は少ない予想

【Web限定記事】

今春、ヒノキ花粉は少ない予想 社会

1月23日号

神奈川県公立高校入試、合格発表はウェブで

1週間足らずで完売に

新成人応援食事券

1週間足らずで完売に 経済

1月23日号

作品展好ひょうで幕

作品展好ひょうで幕 文化

大井町役場で200点超

1月23日号

南美新春展 開催中止に

「夕日」落ち口に太陽

「夕日」落ち口に太陽 社会

秦野の渋谷さん撮影

1月23日号

あっとほーむデスク

  • 1月23日0:00更新

  • 1月16日0:00更新

  • 1月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク