足柄版 掲載号:2016年9月24日号 エリアトップへ

酒匂川の地酒が誕生 流域の“メダカ米”蔵元が醸造

文化

掲載号:2016年9月24日号

  • LINE
  • hatena
川西屋酒造店の露木雅一さん
川西屋酒造店の露木雅一さん

 酒匂川流域の井上酒造(大井町)と川西屋酒造店(山北町)がこのほど、小田原市桑原と鬼柳地区で栽培された米を100%原料に使用した酒を完成させ、10月1日の「日本酒の日」に合わせ出荷を始める。

 酒匂川左岸の桑原・鬼柳地区は「県内唯一の野生メダカの生息地」とされ、市民団体「桑原めだか米の会」(山田純代表)が2001年からメダカなど水生生物の生態系を保護するため休耕田を活用した米作りに取り組んできた。

 2013年に「一般社団法人おだわら農人めだかの郷」を設立して耕作面積を拡げ、現在は約2ヘクタールで、うるち米を含む約9・5トンのコメを栽培している。昨年は初めて酒米(吟のさと)づくりに挑戦し約1トンを収穫した。

 その”メダカ米”ともいえる酒米での酒造りを打診された井上酒造と川西屋酒造店が快諾したことで商品化が実現した。

 井上酒造(【電話】0465・82・0325)の井上寛代表は「微力ではあるが地元の農業をバックアップしたい」との思いから協力を申し出た。酒匂川の左岸でできた米にちなみ『左岸』として命名した純米吟醸は「柔らかくて爽やかな味に仕上がった」。

 川西屋酒造店(【電話】0465・75・0009)は特別純米『丹沢山 小田原桑原』として販売する。真剣に取り組む会の姿を見て醸造を快諾した露木雅一代表は「小田原産の米を使うのは初めて。冷酒で、相模湾で獲れる魚と一緒に味わってもらえれば」と話す。

 いずれも一升瓶と四合瓶で本数限定。取扱店は蔵元により異なる。

 メダカ保護の活動に関する問い合わせは、めだかサポーターの会【携帯電話】090・9681・1848へ。

井上酒造の井上寛さん
井上酒造の井上寛さん

足柄版のトップニュース最新6

南箱道路 来春開通へ

南箱道路 来春開通へ 社会

崩落被害復旧にめど

10月31日号

県道沿い彩るざる菊

山北町

県道沿い彩るざる菊 社会

9種類250株が見ごろ

10月31日号

木造新校舎22年完成へ

松田小学校

木造新校舎22年完成へ 教育

地域に愛される象徴に

10月24日号

だるま碑に交通安全願う

だるま碑に交通安全願う 社会

大井町で供養祭

10月24日号

県陸上混成競技でV

開成南小安田君

県陸上混成競技でV スポーツ

前半5位も幅跳びで逆転

10月17日号

ヒマワリが見頃に

ユートピア農園

ヒマワリが見頃に 社会

季節外れの黄色い絨毯

10月17日号

あっとほーむデスク

  • 10月31日0:00更新

  • 10月24日0:00更新

  • 10月17日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月31日号

お問い合わせ

外部リンク