足柄版 掲載号:2016年10月29日号 エリアトップへ

南足柄市小田原市 内部資料を相次ぎ公表 市議会から「説明のあり方」に苦言も

政治

掲載号:2016年10月29日号

  • LINE
  • hatena
36ページに及ぶ研究報告書14日から両市のホームページで公表され閲覧できる
36ページに及ぶ研究報告書14日から両市のホームページで公表され閲覧できる

 南足柄市は14日、小田原市企画政策課と南足柄市企画課が2014年に両市長から指示を受けて合同研究し、2015年1月に内部資料としてまとめた「県西地域における中心市のあり方研究報告書」をホームページで公表した。市民に公開されていない報告書の存在を指摘した新聞報道を受け、小田原市が13日に、南足柄市が14日に公表した。

 36ページの報告書では「県西地域」「小田原市と南足柄市」のそれぞれの現状と課題のほか「中心市としてのこれまでの取組と課題」をまとめている。「課題への対応策」として「小田原市と南足柄市が合併し、合併新市が核となり近隣自治体との新たな広域連携制度を活用していくことが最善策だと言える」と結論づけている。

 2市合併による「住民の利便性の向上」「行政サービスの高度化」「まちの魅力向上」を効果としてあげ、管理職員の削減で3億3280万円、議員削減で1億2970万円の合併効果を見込んでいる。

 広域連携については「両市が合併を選択しスケールメリットを生かした行政サービスの提供を可能とする体力を備えた上で、圏域内に新たな連携関係を構築することが望ましい」とした。

 内部資料として作成した両市長への報告書は、合併による効果に比重が置かれたもので一部の議員からは「デメリットも検証するべき」との指摘もある。

 報告書は今年2月に小田原市が同市議会の求めに応じて議会側に資料配布。南足柄市企画部は今年6月に初めて、電子データで議会側に情報提供していた。

 14日に開催された市議会調査特別委員会では、こうした説明のあり方に苦言を呈する議員が複数いた。

足柄版のローカルニュース最新6

今春、ヒノキ花粉は少ない予想

【Web限定記事】

今春、ヒノキ花粉は少ない予想 社会

1月23日号

神奈川県公立高校入試、合格発表はウェブで

1週間足らずで完売に

新成人応援食事券

1週間足らずで完売に 経済

1月23日号

作品展好ひょうで幕

作品展好ひょうで幕 文化

大井町役場で200点超

1月23日号

南美新春展 開催中止に

「夕日」落ち口に太陽

「夕日」落ち口に太陽 社会

秦野の渋谷さん撮影

1月23日号

あっとほーむデスク

  • 1月23日0:00更新

  • 1月16日0:00更新

  • 1月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク