足柄版 掲載号:2016年11月19日号 エリアトップへ

横高前監督渡辺元智さん ふるさと大使に就任 “名誉監督”返上して受諾「松田町を全国に」

スポーツ

掲載号:2016年11月19日号

  • LINE
  • hatena
野球経験があり童心の表情を浮かべる本山町長(左)、現役時代と変わらない眼光を放つ渡辺さん(右) =松田町役場
野球経験があり童心の表情を浮かべる本山町長(左)、現役時代と変わらない眼光を放つ渡辺さん(右) =松田町役場

 松田町出身で高校野球・横浜高校前監督の渡辺元智(もとのり)さん(72)が14日、松田町のふるさと大使に就任し、本山博幸町長と会見した。今後は全国での講演などを通じて松田町をPRし、野球教室などで青少年育成に携わる。

 渡辺さんは2015年夏に監督を退任し、同校硬式野球部の”終身名誉監督”として全国各地で教育関係の講演活動を続けてきた。 講演ペースは月に5回ほどで今月は10本以上の依頼があるという。

 町は3年ほど前から町在住の友人を通じて渡辺さんにふるさと大使への就任を要請してきたが、高校野球における立場などから実現しなかった。今年夏に渡辺さんが”終身名誉監督”を学校に返上して就任要請に応じた。

 就任会見で渡辺さんは「松田での三角ベースの野球が私の原点。友達にも恵まれこうして戻ってくることができた」と話した。

 今後については「自分が育った松田を全国に紹介し、50年間で養った知識や信念が青少年育成に生かせれば望外の喜び」と語った。監督を退任してから念頭に置いてきた青少年育成にかかわる仕事の「本格的な一歩になる」と意欲を示した。

 本山町長は「町民のみならず多くの皆様に喜んでもらえると思う。野球を通じて培われた教育論は松田町だけではなく全国や世界でも必要とされている。そうした方にふるさと大使をお受け頂き感謝している」とあいさつした。

 渡辺さんは小学4年まで松田で育った。高校野球の指導歴は50年に及び、監督として甲子園に27回出場して優勝5回、通算勝利は51勝で歴代3位。教え子には松坂大輔や涌井秀章、筒香嘉智ら多数のプロ野球選手がいる。

松田での思い出を語った
松田での思い出を語った

足柄版のトップニュース最新6

県陸上混成競技でV

開成南小安田君

県陸上混成競技でV スポーツ

前半5位も幅跳びで逆転

10月17日号

ヒマワリが見頃に

ユートピア農園

ヒマワリが見頃に 社会

季節外れの黄色い絨毯

10月17日号

修学旅行は日帰りに

南足柄市立小

修学旅行は日帰りに 社会

宿泊伴う日光行き中止

10月10日号

改選後の構成決まる

大井町議会

改選後の構成決まる 政治

議長に清水豊司氏

10月10日号

「文通しませんか」

開成町社協

「文通しませんか」 コミュニティ社会

人のつながり維持に一手

10月3日号

高齢者宅に「ロボ」貸与

松田町

高齢者宅に「ロボ」貸与 社会

ビデオ通話や安否確認も

10月3日号

あっとほーむデスク

  • 10月17日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 10月3日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク