足柄版 掲載号:2017年1月7日号
  • googleplus
  • LINE

南足柄市小田原市 ”合併か否か”想定が本格化 1月中旬から下旬に最初のヤマ場

政治

 南足柄市と小田原市が合併を前提に両市の事務事業をについて調整し、中核市移行や広域連携について検討する2市任意協議が昨年10月に始まり、1月24日(火)の第3回会議で初めてのヤマ場を迎える。

 昨年10月以降、両市議会では任意協議など両市の「中心市の在り方」について調査研究する特別委員会が開かれ、議員間討議も本格化している。行政が主導して進む合併の想定については今後、関心がどこまで両市民に浸透するかが大きなポイントとなり、行政運営にも直接参加している両市各分野の団体での機運の高まりも今後の協議の行方を左右することになる。

特別委員会

 1月には、11日(水)午後1時半から小田原市議会で調査特別委員会(今村洋一委員長・8人)が開かれ、16日(月)午前9時からは南足柄市議会でも調査特別委員会(加藤洋一委員長・15人)が開かれる。

 いずれも任意協議会の第3回協議に向けて協議事項を行政側が説明し、質疑も行われる見通し。

 市議会特別委員会は両市議会で傍聴できる。特別委員会に関する問い合わせは小田原市議会事務局【電話】0465・33・1761、南足柄市議会【電話】0465・73・8038へ。

任意協議会

 2市任意協議の第3回会議が1月24日(火)に小田原市役所で開かれる。当日の会議では事務局が示す「合併の方式」と「合併の時期」について協議が行われる。 両市における合併の方式は、【1】両市が法人格を消滅させ、新たな市町村を置く「新設合併」と、【2】どちらか一方の自治体が法人格を消滅させてもう一方の市に編入する「編入合併」―の2つの方法がある。

 編入される市の市長、市議員、農業委員などは身分を失い、条例や規則などは編入先の市のものが存続することになる。

 県西2市8町に在勤在住であれば傍聴できる。

 2市任意協議や協議会傍聴に関する問い合わせは小田原市役所内事務局【電話】0465・33・1239へ。

足柄版のローカルニュース最新6件

山地酪農で「本来の姿に」 島崎薫さん

山北と川崎の“水源地関係” 未来の酪農家が懸け橋に

山地酪農で「本来の姿に」 島崎薫さん

2月17日号

「ウェルキャブ」市に寄贈

”幸せの電車”公開

キャッスルズ40年

小中学生が景観を描く

政治団体を発足

開成町 山神氏

政治団体を発足

2月17日号

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

松田町で43年の寿司屋

2月からバリエーション豊かなランチ開始!

http://www.matsuda-matsuzusi.com/

地質学的ドラマを巡る講座

南足柄市の文化遺産を紹介し、活用し、継承していくためのプロジェクトです。

http://ashigara-web.sakura.ne.jp/bunka/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

3校合同演奏会

3校合同演奏会

南足柄市で25日(日)

2月25日~2月25日

足柄版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月17日号

お問い合わせ

外部リンク