足柄版 掲載号:2017年1月21日号 エリアトップへ

吉田島総合高 環境省を表敬訪問へ 弥一芋で最優秀賞

教育

掲載号:2017年1月21日号

  • LINE
  • hatena
左から竹内さん、檜山さん、井上さん
左から竹内さん、檜山さん、井上さん

 アサヒビール(株)が、環境保全活動に積極的に取り組む全国の高校生を育成する『若武者育成塾』で、吉田島総合高校草花部の活動が最優秀賞に選ばれた。リーダーの檜山夏穂さん(3年)、新しいレシピを開発した竹内愛実さん、種芋のウイルスフリー化に取り組んだ井上友花さん(2年)の3人が、2月6日に環境省を表敬訪問して受賞を報告する。

 全国47校の応募から7校19人が選ばれ、同社が開いた合宿に参加。森林再生活動や獣害、水の循環、海にせまる危機など、地域の環境問題を県内各地で学んだ。

 応募したテーマについてどのように地元に還元するかも考えた。

増産・普及目指して

 3人は学校がある開成町の特産品『弥一芋』を題材にした。増殖を目指し水耕栽培に着手し、今後は間伐材を燃料にしたボイラーを使い、ハウス栽培による安定供給を研究するという。

 優良個体を試験管で培養して増産を目指すウイルスフリー化にも成功した。開成幼稚園で食育に取り組み、弥一芋料理コンテストで優秀賞を獲得するとレシピも配布した。文化祭や学校説明会、県産業フェアで発表・展示にかかわり普及活動にも取り組んできた。

 応募の締切前日に東京家政大学の研究所を使用することができ「粘り気があり美味しい」と言われる旨味を科学的に裏付けレポートに盛り込んだ。

 12月に再び7チームがアサヒグループ本社に集まり成果を発表。「地域貢献や持続発展、プロモーションや周りを巻き込む力などすべてにバランスが取れている」と講評を受け最優秀賞に輝いた。

 弥一芋に関する取り組みは檜山さんが1年の時に同部の高橋晋太郎顧問が赴任してきて、ともにはじめた。檜山さんは「1人で開墾していたころが懐かしい。後輩2人が新しい風を吹かせ取り組みが広がった。受賞報告を楽しみたい」と話している。

足柄版のローカルニュース最新6

毎週、授業にプロの料理人

毎週、授業にプロの料理人 教育

吉田島高が専門学校と協定

1月22日号

ニューイヤーコンサート

県体育功労者に鍵和田さんら

川村小の見学に同行

安全第一で進む新東名工事

川村小の見学に同行 社会

1月22日号

平塚は4・83倍

県立中等教育学校入試倍率

平塚は4・83倍 社会

1月22日号

東儀秀樹コンサート

チケット販売中

東儀秀樹コンサート 文化

タウンニュースホール

1月22日号

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook