足柄版 掲載号:2017年2月11日号 エリアトップへ

官民協力の防災講習 南足柄市で初 (株)下田組と

教育

掲載号:2017年2月11日号

  • LINE
  • hatena
刃渡り60cmのチェーンソーも登場
刃渡り60cmのチェーンソーも登場

 南足柄市で初となる官民連携の自主防災リーダー指導者講習会が2月4日に(株)下田組の敷地内で開催された。

 地域の自主防災リーダーが、災害時に備蓄品を有効に活用できるよう行われたもの。当日は、市内各自治会から自主防災リーダー22人が参加。同社社員が講師となり備蓄している資機材を使用し、土嚢の作り方や積み方、番線結束法、一輪車の分解・組立法、チェーンソーの取り扱いについてを学んだ。下田秀史会長は実際に被災地支援に行った経験から「災害時は道路が通れないので荷物の載る二輪車が使える。ジャッキや水の入れ物などの備蓄も必要」と話し、市防災安全課担当者は「見て触ったことを持ち帰り、地域に還元してほしい」と呼びかけた。上怒田から参加していた佐野寛人さんは「地元企業が市と協力し、資材を備蓄してくれているのは頼もしい。今日の体験を地域で共有したい」と話した。

引き継ぐ思い

 南足柄市と(株)下田組は阪神淡路大震災を機に、翌年の1996(平成8)年、「防災資機材等の調達又は斡旋に関する協定」を締結している。

 戦時中、同社は旧満州で事業展開しており、終戦を機に一時解散し引き上げてきた。その3年後の1948(昭和23)年、南足柄を台風が襲い大きな被害がでた。その際に所有していた資機材が地域住民に提供され、災害復興に役立てられたという。その後再び下田組を設立。以来「災害時には会社の資機材を地域の皆さんに使っていただく」という思いが同社に引継がれている。従業員によって補充やメンテナンスが続けられている。

足柄版のローカルニュース最新6

平和の「音色」届け

平和の「音色」届け 社会

開成でチャリティー演奏

5月21日号

山北町が学生等に給付金

伝承碑から災害を学ぶ

伝承碑から災害を学ぶ 教育

5月28日講演会

5月21日号

増築の新園舎お披露目

酒田みなみの保育園

増築の新園舎お披露目 社会

5月21日号

中央公園で開園イベント

障がい者の働く機会応援

憲章Tシャツ

障がい者の働く機会応援 社会

売上の一部が工賃に

5月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook