足柄版 掲載号:2017年2月18日号 エリアトップへ

2市協議 個別協議始まる

社会

掲載号:2017年2月18日号

  • LINE
  • hatena
空席が目立った第4回会議
空席が目立った第4回会議

 小田原市と南足柄市による「中心市のあり方」に関する任意協議会は14日、県小田原合同庁舎で第4回会議を開いた。地域間格差の対策となる都市内分権を集中審議する小委員会の設置や、公共施設の使用料・手数料の扱いなど8項目の事務局案がいずれも原案どおり承認された。

 合併の是非を判断する上で「特に重要」とされる25項目の協議事項のうち、両市で違いが大きい公共施設の使用料や保険料、保育料、上下水道料金についての協議に多くの時間が費やされた。施設使用料について「原則として現行通り」「激変緩和措置は講じる」とする事務局案に対して、経済、農業団体の委員から「行革をめざす合併であれば使用料よりも公共施設の統廃合を先に議論するべき」との指摘が相次いだ。

 下水道料金や保育料、放課後児童保育など2市間で格差がある事業について事務局から現状が報告されると「今ここで初めて知った」「2市の違いをもっと分かりやすく示すべき」などとする声もあった。

 1月24日の第3回会議で「編入合併」の方針が決まった協議会では、会議の進め方について、南足柄市自治会長連絡協議会の奥津博会長が苦言を呈した。

 奥津会長は「全会一致の原則を規定している協議会であれば、反対意見が出た際にはしっかりと採決を行うべき」と指摘した。「新設」か「編入」かの合併方法を決定した前回の第3回会議では議長役の加藤憲一会長(小田原市長)が採決を取らなかった。

 奥津会長の指摘については、今月8日に開かれた南足柄市議会特別委員会でも複数の議員が同様の懸念を示していた。この日の奥津会長の発言は議会の声を代弁するものでもあり今後の協議の進め方に一石を投じたといえる。

 この日の傍聴者は13人で前回を大きく下回った。次回の第5回会議は3月28日(火)午後1時半から小田原市役所で開催される。

 2市協議事務局では、これまでの会議結果などをホームページで公表している。

足柄版のローカルニュース最新6

子ども支援に絵本寄贈

(株)GRACE

子ども支援に絵本寄贈 教育

大井町に300冊

1月15日号

図書館でおみくじ

図書館でおみくじ 社会

大井町で1月末まで

1月15日号

「冒険」の思い出にじむ12枚

「冒険」の思い出にじむ12枚 教育

寄小児童がカレンダー製作

1月15日号

織り姫を募集中

湘南ひらつか七夕まつり

織り姫を募集中 社会

1月31日締切

1月15日号

氷柱まとう夕日の滝

氷柱まとう夕日の滝 社会

自然生み出す造形美

1月15日号

窓口に手話通訳者

南足柄市

窓口に手話通訳者 社会

1月15日号

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook