足柄版 掲載号:2017年4月1日号 エリアトップへ

御殿場線沿線写真コンテスト2部門で受賞した 石井 良二さん 南足柄市狩野在住 65歳

掲載号:2017年4月1日号

  • LINE
  • hatena

写真で地域の語り部に

 ○…「びっくりしたよ」。御殿場線の魅力を伝える写真コンテストで、大井町と松田町の2部門で受賞した。写真歴は30年超。何気なく始めたカメラだったが、いつのまにか魅力にどっぷりとはまっていた。撮りたい写真のためには、時間を変えて朝昼晩、晴れの日、曇りの日、はたまた雨や雪の日と時間を惜しまず何度も撮影スポットへ足を運ぶ。「そんなにコンテストに興味はないけれど、やはりパンフレットなどに自分の写真が載るとうれしいね」

 ○…お気に入りの撮影スポットは県西地域。「勝手知った所の方が、良いものが撮れる」。タウン紙などに良いスポットを見つけると写真の構図に思いを馳せ、すぐに足を運ぶ。常にカメラを忍ばせ、良い被写体を見つけると「ダッシュで向かう」フットワークが武器だ。自宅裏の狩川では春めき桜が満開を迎えており「毎朝カメラ片手に2、3周しているよ。カメラがあるから外へ出る」。若さと健康の秘訣を力説する。

 ○…南足柄で生まれ育ち「おとなしい方だったんじゃないかな」と言うが、バレーやサッカー、陸上などが好きだった少年時代。小田原城北工業高校から、小田原の工場に入社。移りゆく時代の中で、どんどんと小型化されていくバッテリーの製造や開発設計に携わった。長年勤めた会社を5年前に定年退職し、2人の子どもも結婚し家を出た。「寂しくなったね。でも来月、孫が生まれそうでね」と目じりを下げた。

 ○…「南足柄は自治会活動に熱心」。この時季、地域で植えた色とりどりの花があちこちで咲く。地域の神社では威勢の良い掛け声が響く祭りも執り行われている。「せっかく地域が頑張っているのだから、うまく周遊する仕組みとかあるといいのだけれど」と持論を展開。地域の活性化を切に願う。「写真に残すことで、次世代に地域のことを伝えていくお手伝いができれば」。古くから知るからこその地域愛はひとしおだ。

足柄版の人物風土記最新6

今井 雄一郎さん

共栄書房から「山鳥の魔力」を出版した

今井 雄一郎さん

南足柄市在住 53歳

10月16日号

國見 清さん

最乗寺で写真展を開催している「あしがら写友会」幹事の

國見 清さん

南足柄市在住 76歳

10月9日号

伊藤 美香さん

ユーチューブで映像配信を始めた山北クラシック音楽連盟の会長を務める

伊藤 美香さん

山北町在住 60歳

10月2日号

矢後 昇坪(しょうへい)さん

内山地域福祉会の会長を務める

矢後 昇坪(しょうへい)さん

南足柄市在住 77歳

9月18日号

露木 明さん

「西湘リコーダーバザール」実行委員長を務める

露木 明さん

南足柄市在住 70歳

9月4日号

野瀬 勝利さん

江之浦ダイビングサービス アクアランドを経営する

野瀬 勝利さん

南足柄市在住 49歳

8月28日号

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook