足柄版 掲載号:2017年4月8日号 エリアトップへ

南足柄市矢佐芝地区 自由な芝居が人気 16日、八坂神社祭りで舞台に

文化

掲載号:2017年4月8日号

  • LINE
  • hatena
公演に向けて稽古する劇団のメンバー
公演に向けて稽古する劇団のメンバー

 南足柄市岡本地区で4月16日(日)に『矢佐芝 八坂神社祭り』が開催される。祭りの名物は、地域に住む平均年齢69歳のメンバーでつくる「矢佐芝劇団」による”喜劇舞台”。公演に向けて稽古にも熱が入っている。

 今年の演目は『国定忠治 景気回復編』。2カ月ほど前から地域の公民館に集まり稽古を始め、脚本に手を加えながらアドリブにも磨きをかけている。

 本番の舞台では市長や議員ら来賓も巻き込み、時事ネタを盛り込むなど自由奔放。枠にとらわれない滑稽な脚本とアドリブが好評で地域内外から楽しみに訪れる人も少なくない。

 メンバーは全員が矢佐芝自治会の会員。南足柄市南西部の山あいにある19世帯の自治会で、昭和20年代までは八坂神社に旅芸人を呼び観劇を楽しむ習慣があった。高度経済成長と共に習慣がなくなったが、2000年に地元有志が劇団を立ち上げ、春の祭りに合わせて公演が始まった。

 山北町清水地区や岸地区にも住民による芝居劇団があるが、矢佐芝はその先駆け的な存在でもある。

 自治会では明神ヶ岳ハイキングコースの清掃を毎月実施。柴刈りに来た二宮金次郎が休んだとされる矢佐芝の腰掛石から小田原市栢山の報徳記念館まで10キロを歩く『柴刈りウォーク』も05年に始めた。金次郎に扮した衣装や大八車も念入りに準備する人気の行事だ。渉外担当の大木延之さんは「愛する地元のためにやっている。地域活性化につながれば」と話す。

 16日は午前中に神事、正午に開会。12時50分から、バナナのたたき売りがあり、午後1時20分から歌謡ステージ。午後2時20分に村芝居の幕が上がる。雨天中止。

 八坂神社は塚原駅からグリーンヒル方面に約3キロ。

 問い合わせは大木さん【携帯電話】090・2230・8563へ。
 

足柄版のトップニュース最新6

ざる菊シーズン到来

ざる菊シーズン到来 社会

南足柄市内3カ所で祭り

10月23日号

千葉ロッテから育成指名

立花学園高永島田選手

千葉ロッテから育成指名 スポーツ

最速150キロ本格派右腕

10月23日号

大雄山駅前に新名所

大雄山駅前に新名所 社会

コロナ下の多様な働き応援

10月16日号

稲荷社の修復完了

大井町三嶋神社

稲荷社の修復完了 文化

工法は石場建て採用

10月16日号

最優秀賞に三谷さん

ORANGECUP2021

最優秀賞に三谷さん 教育

運動後押しのゲーム機考案

10月9日号

入札不調で開設に遅れ

開成町新学童保育所

入札不調で開設に遅れ 教育

22年4月断念、7月目指す

10月9日号

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook