足柄版 掲載号:2017年5月27日号 エリアトップへ

山北町シルバー人材センターの会員にお茶栽培を指導する 山崎 正次(しょうじ)さん 山北町湯触在住  76歳

掲載号:2017年5月27日号

  • LINE
  • hatena

足柄茶の今と向き合う

 ○…お茶の栽培が困難になった農家から畑を直接借りて、茶畑を存続させる事業を山北町シルバー人材センターが始めた。足柄茶のブランドを担う生産農家の衰退を誰もが感じるなかで始まった取り組みを技術面から支える。年齢を理由に再三固辞したが「余人をもって代えがたい」と事務局が熱心に口説き、指導員を引き受けた。「お茶づくりの担い手不足は摘採(茶摘み)作業の人手不足にある。まずはそこから」と感じている。

 ○…東名高速道路の下り車線と谷峨駅一帯、箱根外輪山を見晴らす山の斜面に自宅がある。道よりも高台にある平屋は代々にわたりこの地に根を張り、農家としての営みを続けてきた。「子どものころは手伝いが嫌だった」というが、遊ぶ時間を惜しみながらも家業を手伝ってきた。サラリーマンを経て50代半ばを過ぎたころ早期退職。それ以来、足柄茶の専業農家として地場産業や地域を支えてきた。「今まで培った技術が少しでも地域に役立てば」と奮起した。

 ○…1941年生まれ。76歳の今まで湯触を離れたことはない。洋菓子メーカー「不二家」の平塚工場に勤め、4歳年下の奥さんと知り合い結婚。1男1女を授かり孫2人に恵まれた。「足腰が弱くなった」「どっちが欠けても成り立たない」と先行きに不安もあるが、もしそうなれば「シルバーに頼むようだな」と笑う。もはや他人事ではないことも承知している。

 ○…「几帳面な性格」とは奥さんの談。否定も肯定もせず、にこやかに奥さんに目をやり目じりをさげる。「もっと優しく話せばいいんだよ」とつぶやくと、2人の大きな笑い声が家中に響いた。家の中も庭も、よく手が行き届いている。「きれいですね」と水を向けると「忙しくてあんまりできていないね」と答えた。この週末は、摘採か田植えをする予定だ。庭では青々と育った早苗が今や遅しと待ち構えていた。

足柄版の人物風土記最新6

加藤 雅彦さん

南足柄市消防団の団長に就任した

加藤 雅彦さん

南足柄市大雄町在住 60歳

5月25日号

露木 盛枝さん

和紙のわらべ人形の創作作家として作品を作り続ける

露木 盛枝さん

山北町山北在住 83歳

5月18日号

鍵和田 甲子郎(かしろう)さん

松田町商工振興会の会長を務める

鍵和田 甲子郎(かしろう)さん

(有)市兵衛葬具店 58歳

4月20日号

中田 好一(よしかず)さん

松田警察署の署長に就任した

中田 好一(よしかず)さん

松田町在住 53歳

4月13日号

槙島 正雄さん

東京地方税理士会小田原支部の支部長に就任した

槙島 正雄さん

大磯町在住 61歳

4月6日号

井出 卓郎さん

南足柄100人カイギの運営事務局を務める

井出 卓郎さん

南足柄市広町在住 34歳

3月30日号

佐々木 由佳さん

2月16日付で、女性として初の県宅建協会第9代事務局長に就任した

佐々木 由佳さん

川崎市在住 48歳川崎市在住 48歳

3月23日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ソフトボール体験会

小学生向け

ソフトボール体験会

6月2日 東富水小学校

6月2日~6月2日

足柄版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク