足柄版 掲載号:2017年8月12日号
  • googleplus
  • LINE

足柄ロータリークラブの会長を務める 山本 研一さん 開成町中之名在住 63歳

人を生かし、生かされ

 ○…以前から、一度この人を書いてみたいと思っていた。2011年と15年の開成町長選挙に立候補して2度とも落選したが、その後も、サラリーマン時代の仕事で培った「人の暮らしに寄り添う」ことを生かし、生まれ育った開成町の「地域」で汗を流している。しばらくは選挙もないので、足柄ロータリークラブの会長に就任したタイミングで取材を申し込んだ。「いやぁ、嬉しいですよ。喜んでお受けします」と取材を歓迎してくれた。

 ○…7月から会長を務める足柄ロータリークラブは世界規模の奉仕団体に属する単位クラブで、メンバーのロータリアンが週に1度、一堂に会して研鑽を深め、職業を通じて社会に奉仕している。1990年の設立から17年が経ち、現在は32人が活動を共にしている。「従業員の生活をかけて会社を経営している方も多くいます。奉仕を通じて人に潤いをもたらすことができるのがロータリー」という。

 ○…1953年、開成町生まれ。92歳になる父は富士フイルムの関連会社役員として地域の発展にも尽力。町の助役として請われ、町長も務めた名士。両親の一粒種として育ち、大学卒業後に日産車体の連結子会社に就職。技術職から労働組合へ出向し、管理部門で長く人事の仕事を担った。親会社の意向により300人ほどの転籍を担当。夜間勤務の社員と深夜に面談し、自腹で飲みに誘うこともあった。社員の暮らしと寄り添った経験が「地域での活動に生きている」

 ○…昨年、箱根の日帰り温泉の社長に就いた。妻が育った実家の稼業を義母から受け継いだ。「選挙に出ることに戸惑っていた妻の背中を押してくれたのが義母だった。落選したから今こうして恩返しができている」と目を潤ませる。座右の銘は「温故知新」。中之名の自宅で父と妻、娘と4人で暮らす。町内に息子夫婦と娘夫婦、孫4人がいる。「孫のためにもいい地域にしていきたい」

足柄版の人物風土記最新6件

湯浅 俊作さん

杜氏として新たな酒造りに挑む

湯浅 俊作さん

2月17日号

根本 佐和子さん

みらい映画館まつだを企画した

根本 佐和子さん

2月10日号

瀬戸 貴代さん

ギャラリーNEW新九郎で絵画展を開く

瀬戸 貴代さん

2月3日号

柳川 幸也さん

地域の子どもたちに昔ながらの遊びを伝えている

柳川 幸也さん

1月27日号

小澤 水穂(みほ)さん

南足柄市の旧北足柄中学校で外遊びのイベントを毎月開いている

小澤 水穂(みほ)さん

1月20日号

小林 幸雄さん

瀬戸酒造店の杜氏として酒造りを担う

小林 幸雄さん

1月6日号

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

松田町で43年の寿司屋

2月からバリエーション豊かなランチ開始!

http://www.matsuda-matsuzusi.com/

地質学的ドラマを巡る講座

南足柄市の文化遺産を紹介し、活用し、継承していくためのプロジェクトです。

http://ashigara-web.sakura.ne.jp/bunka/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

3校合同演奏会

3校合同演奏会

南足柄市で25日(日)

2月25日~2月25日

足柄版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月17日号

お問い合わせ

外部リンク