足柄版 掲載号:2017年8月12日号 エリアトップへ

CPサッカー 「もっと強く」世界へ 南足柄市の大野 2年連続で日本代表

スポーツ

掲載号:2017年8月12日号

  • LINE
  • hatena
代表強化練習で相手を抜き去る大野(左)
代表強化練習で相手を抜き去る大野(左)

 南足柄市斑目に住む専門学校生、大野僚久(21)が、昨年に続き2年連続でCPサッカー日本代表に選出された。9月4日(月)からアルゼンチンで開催される世界選手権に出場する。

 CPサッカーは脳性まひの人による7人制のサッカー。ルールは11人制と同じで、ピッチとゴールの大きさは少年サッカーとほぼ同じ。

 大野は小学2年生でサッカーを始め高校生のときにフットサルに転向。湘南ベルマーレのフットサルクラブのサテライトチーム「ロンドリーナ」に所属していた。2011年に脳内出血で倒れ、右半身にまひが残ったがリハビリを重ねて昨年、初めて日本代表入りした。

 昨年7月にデンマークで行われた国際試合では、予選リーグを2位抜けしたが決勝トーナメントは最下位だった。「世界を思い知らされた」と大野は振り返る。

 帰国後「もっと強く」と、より一層練習にも熱が入り、時間があれば走り込みをし、食事や体のケアにも気を遣うようになった。

 今年4月に行われた代表選考会では、50m走の自己ベストタイムを1秒以上縮めた。「走り方も変わった。調子が良い」。代表チームはボールを支配するプレースタイルで、左サイドを担う。目標は「メダルを獲得し、海外プロチームからオファーを狙う」こと。「緊張はあるが早く戦いたい」と闘志を燃やしている。

足柄版のローカルニュース最新6

平和の「音色」届け

平和の「音色」届け 社会

開成でチャリティー演奏

5月21日号

山北町が学生等に給付金

伝承碑から災害を学ぶ

伝承碑から災害を学ぶ 教育

5月28日講演会

5月21日号

増築の新園舎お披露目

酒田みなみの保育園

増築の新園舎お披露目 社会

5月21日号

中央公園で開園イベント

障がい者の働く機会応援

憲章Tシャツ

障がい者の働く機会応援 社会

売上の一部が工賃に

5月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook