足柄版 掲載号:2017年9月2日号
  • googleplus
  • LINE

甲子園で躍動 夢はまだ先に 東海大菅生 小玉佳吾(文命中出身)

スポーツ

東海大菅生の小玉佳吾主将 =開成町役場
東海大菅生の小玉佳吾主将 =開成町役場
 2017年夏の阪神甲子園球場。4万7千人の大観衆が見つめるグラウンドで東日本一小さな町、開成町で生まれ育った高校球児が躍動した―。

 文命中出身の小玉佳吾選手は、西東京の名門、東海大菅生の主将として130人の部員をまとめた。「高校野球の聖地」と呼ばれる夢の舞台、甲子園では3番セカンドでフル出場し、2本のホームランを含む17打数9安打8打点でチームを初のベスト4へ導いた。

 小玉選手は開成町吉田島で生まれ育ち、幼稚園までサッカー、小学1年生までは水泳で体力をつけた。野球経験がある父・直樹さん(49)はあらゆるスポーツの機会を与えた。

 小学2年の4月に少年野球の開成イーグルス(山口雄司監督)に入ると、4年生でトップチームのレギュラーに定着。中学時代は硬式クラブの秦野シニア(牧嶋和昭監督)に所属し、週3回、秦野市内のグラウンドへ通い練習に励んだ。

「夢の2時間」

 小学4年で東海大相模の「縦縞ユニフォーム」に憧れ父との練習が本格化した。イーグルスの山口監督は「仕事を終えたお父さんと毎日練習をしていた」と、その姿を目にしていた。

 甲子園で初戦突破した8月14日、アルプス席で校歌を聞いた直樹さんは大きく息を吸い「夢のような2時間でした」と目を潤ませた。

絶妙の間合い

 予選でも甲子園でも、試合中の小玉選手はここぞという場面でマウンドに足を運び、投手に声をかけた。

 マウンドは今春までエースだった自らの主戦場でもあったが、大会が迫った7月初旬の試合で打球処理を誤り、右手親指を骨折。西東京大会4回戦までは登板はおろか、試合出場すらかなわない状態だった。

 試合中の投手への気配りは投手の経験と幼いころの「いたずら」で養った。「見つかる寸前で逃げるのが得意だった。なにか勘がはたらくところがあった」と、こっそり教えてくれた。

 次なる目標は「大学日本一」。さらに大きな夢は、そのまた先にある。

愛用のグローブと甲子園のホームランボール
愛用のグローブと甲子園のホームランボール
次なる目標
次なる目標

足柄版のローカルニュース最新6件

山地酪農で「本来の姿に」 島崎薫さん

山北と川崎の“水源地関係” 未来の酪農家が懸け橋に

山地酪農で「本来の姿に」 島崎薫さん

2月17日号

「ウェルキャブ」市に寄贈

”幸せの電車”公開

キャッスルズ40年

小中学生が景観を描く

政治団体を発足

開成町 山神氏

政治団体を発足

2月17日号

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

松田町で43年の寿司屋

2月からバリエーション豊かなランチ開始!

http://www.matsuda-matsuzusi.com/

地質学的ドラマを巡る講座

南足柄市の文化遺産を紹介し、活用し、継承していくためのプロジェクトです。

http://ashigara-web.sakura.ne.jp/bunka/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

3校合同演奏会

3校合同演奏会

南足柄市で25日(日)

2月25日~2月25日

足柄版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月17日号

お問い合わせ

外部リンク