足柄版 掲載号:2017年11月4日号 エリアトップへ

大井町の西大井ふくし会の会長を務める 安池 範明さん 大井町西大井在住 73歳

掲載号:2017年11月4日号

  • LINE
  • hatena

地域幸せ みんなで育てる

 ○…西大井自治会内で福祉活動を担う「西大井ふくしの会」の会長職を2012年に引き継いだ。子どもから高齢者までが幸せを感じて生活できる地域を目指し世代間交流の場づくりに力を注ぐ。保育士や子育て経験者らと企画する「子育てスクスク応援隊」は13年目を迎えた。「11月4日で64回目。七夕やどんど焼きなど年に5回、伝承行事を伝えている。親御さんにとっても悩みを相談できる場になれば」と話す。

 ○…曽我大沢の生まれ。大学は経済学部に進学したが、中学時代の恩師への憧れを捨てきれず、教職課程も専攻した。片道2時間半かけて通い、帰宅は午後10時過ぎ。学食の1杯50円のたぬきそばの味が忘れられない。「おいしかった。青春の味」。民間企業に就職したが約1年で小学校教員に転職、南足柄や開成、山北などで教鞭をとった。

 ○…福祉活動の原点は教員、幼稚園長時代の経験。雨の日に傘を貸してくれた子、卒園後も毎年手紙をくれる子―。人と繋がる大切さ、嬉しさを子どもたちから学んだ。退職後は教育委員や少年補導員などを務めた。ふくしの会では高校や小中学校にも声をかけて祭りに参加してもらったり、大人と子どもが交流する小学生の自治会館宿泊体験も始めた。若いお母さんも参加してくれるようになった。「西大井に住んで幸せだと思ってもらえる地域づくりが私の信念」

 ○…朝6時半にラジオ体操をして7時半に通学路に立ち、小中学校の登校を見守る生活を10年以上続ける。「子どもたちの笑顔が私のエネルギー」。教員時代の同僚で2歳年下の奥さんは一番の理解者。スーツに合わせるネクタイの柄は奥さんにコーディネートしてもらう。「判断に迷うときは助言をもらう。一人だったら今の自分はない」。そんな奥さんとのドライブが楽しみ。趣味はハーモニカ。取材の終わりに「この地域を愛しているから」と『故郷(ふるさと)』を演奏してくれた。

足柄版の人物風土記最新6

石井 哲雄さん

内閣府エイジレス・ライフを受章した

石井 哲雄さん

開成町吉田島在住 74歳

11月9日号

中川 綾(りょう)さん

東海大学湘南キャンパスで行われる「建学祭」の実行委員長を務める

中川 綾(りょう)さん

大井町金手在住 21歳

11月2日号

安藤 和幸さん

内閣府から社会参加章を受章した「シニアネットワークおだわら&あしがら」で代表理事を務める

安藤 和幸さん

小田原市城山在住 69歳

10月26日号

武藤 輝夫さん

開成弥一芋研究会会長の

武藤 輝夫さん

開成町金井島在住 79歳

10月19日号

深見 まさ子さん

二科展の絵画部門で内閣総理大臣賞を受賞した

深見 まさ子さん

大井町金子在住 

10月12日号

田中 悟志さん

日本認知科学会で招待講演を行った浜松医科大の准教授

田中 悟志さん

南足柄市出身 43歳

10月5日号

江島 紘(ひろし)さん

足柄地域の多くの市町も参加する小田原市ラグビー・オリパラ活性化委員会の会長を務める

江島 紘(ひろし)さん

小田原市城山在住 76歳

9月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月9日号

お問い合わせ

外部リンク