足柄版 掲載号:2017年11月11日号 エリアトップへ

大井町 フェイジョアが最盛期 12月中旬まで販売

社会

掲載号:2017年11月11日号

  • LINE
  • hatena
農業塾の研究ほ場で収穫されたフェイジョア =11月6日
農業塾の研究ほ場で収穫されたフェイジョア =11月6日

 大井町の相和地区を中心に、南米原産の果物「フェイジョア」の収穫が最盛期を迎えている。

 2013年度にJAかながわ西湘相和支店と地元農家が立ち上げた「そうわ農業塾」(藤澤憲吾会長)は、約1アールの研究ほ場で70本を育てている。定年退職後に入塾した石井常雄さん(68・赤田)は「今年は大きな実を収穫できた。生産量を増やしたい」と話す。

 町によるとフェイジョア生産部会にはおよそ20人が所属。果実は柳地区にある農業体験施設「四季の里」の直売所で12月中旬頃まで販売予定。

 フェイジョアはフトモモ科の常緑低木で、緑色の果実をつける。1960年代後半にミカンに代わる新たな収益源として期待されたが、定着しなかった。2012年に町は改めてフェイジョアに着目し、町商工振興会と連携してスイーツ作りなどをして町の新たな特産品としてPRしている。

足柄版のローカルニュース最新6

毎週、授業にプロの料理人

毎週、授業にプロの料理人 教育

吉田島高が専門学校と協定

1月22日号

ニューイヤーコンサート

県体育功労者に鍵和田さんら

川村小の見学に同行

安全第一で進む新東名工事

川村小の見学に同行 社会

1月22日号

平塚は4・83倍

県立中等教育学校入試倍率

平塚は4・83倍 社会

1月22日号

東儀秀樹コンサート

チケット販売中

東儀秀樹コンサート 文化

タウンニュースホール

1月22日号

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook