足柄版 掲載号:2017年11月25日号 エリアトップへ

井上酒造 「箱根山」が優等賞に 東京国税局の酒類鑑評会で

経済

掲載号:2017年11月25日号

  • LINE
  • hatena
賞状を手にする間宮町長(中央)と井上社長(右)「箱根山」を手にする乾杯推進協議会の鈴木会長(左)
賞状を手にする間宮町長(中央)と井上社長(右)「箱根山」を手にする乾杯推進協議会の鈴木会長(左)

 東京国税局主催の2017年酒類鑑評会「清酒純米吟醸」の部で、井上酒造株式会社(大井町上大井、井上寛代表取締役)の「箱根山」が通算2度目の優等賞を受賞した。11月8日に東京国税局(東京都中央区築地)で表彰式があり、17日に井上寛社長が賞状を携え大井町役場を訪れ、間宮恒行町長に受賞を報告。大井町地酒で乾杯推進協議会の鈴木幸康会長も同席した。

 「箱根山」は井上酒造の代表銘柄。50年前に欧州向けに輸出するため商標登録し、主にドイツへ輸出していた。「箱根山」のネーミングは、箱根を望む地でできた酒の意から。

「来年は輸出も」

 審査対象となった「箱根山」は昨年仕込んだもの。井上社長は「昨年新たに28歳の杜氏を雇い入れた。それによって酒作りの環境が大きく変わり、酒の出来にも影響したのかもしれない」と話した。また「甘口で華やかな香りがトレンド。そんな中で『箱根山』は食中酒として”甘さも華やかさもひかえめ”と評価されたのではないか」と加えた。受賞に関しては「作り手のモチベーションが上がり、今始まっている今年の酒作りにも力が入る。来年は輸出も再開したい」と嬉しそうに語った。

 報告を受けた間宮町長は「大変喜ばしいことだと思います。とてもまろやかで誰からも親しまれる味わいだと感じた」と祝った。
 

足柄版のローカルニュース最新6

毎週、授業にプロの料理人

毎週、授業にプロの料理人 教育

吉田島高が専門学校と協定

1月22日号

ニューイヤーコンサート

県体育功労者に鍵和田さんら

川村小の見学に同行

安全第一で進む新東名工事

川村小の見学に同行 社会

1月22日号

平塚は4・83倍

県立中等教育学校入試倍率

平塚は4・83倍 社会

1月22日号

東儀秀樹コンサート

チケット販売中

東儀秀樹コンサート 文化

タウンニュースホール

1月22日号

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook