足柄版 掲載号:2017年11月25日号
  • googleplus
  • LINE

井上酒造 「箱根山」が優等賞に 東京国税局の酒類鑑評会で

経済

賞状を手にする間宮町長(中央)と井上社長(右)「箱根山」を手にする乾杯推進協議会の鈴木会長(左)
賞状を手にする間宮町長(中央)と井上社長(右)「箱根山」を手にする乾杯推進協議会の鈴木会長(左)

 東京国税局主催の2017年酒類鑑評会「清酒純米吟醸」の部で、井上酒造株式会社(大井町上大井、井上寛代表取締役)の「箱根山」が通算2度目の優等賞を受賞した。11月8日に東京国税局(東京都中央区築地)で表彰式があり、17日に井上寛社長が賞状を携え大井町役場を訪れ、間宮恒行町長に受賞を報告。大井町地酒で乾杯推進協議会の鈴木幸康会長も同席した。

 「箱根山」は井上酒造の代表銘柄。50年前に欧州向けに輸出するため商標登録し、主にドイツへ輸出していた。「箱根山」のネーミングは、箱根を望む地でできた酒の意から。

「来年は輸出も」

 審査対象となった「箱根山」は昨年仕込んだもの。井上社長は「昨年新たに28歳の杜氏を雇い入れた。それによって酒作りの環境が大きく変わり、酒の出来にも影響したのかもしれない」と話した。また「甘口で華やかな香りがトレンド。そんな中で『箱根山』は食中酒として”甘さも華やかさもひかえめ”と評価されたのではないか」と加えた。受賞に関しては「作り手のモチベーションが上がり、今始まっている今年の酒作りにも力が入る。来年は輸出も再開したい」と嬉しそうに語った。

 報告を受けた間宮町長は「大変喜ばしいことだと思います。とてもまろやかで誰からも親しまれる味わいだと感じた」と祝った。
 

足柄版のローカルニュース最新6件

山地酪農で「本来の姿に」 島崎薫さん

山北と川崎の“水源地関係” 未来の酪農家が懸け橋に

山地酪農で「本来の姿に」 島崎薫さん

2月17日号

「ウェルキャブ」市に寄贈

”幸せの電車”公開

キャッスルズ40年

小中学生が景観を描く

政治団体を発足

開成町 山神氏

政治団体を発足

2月17日号

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

松田町で43年の寿司屋

2月からバリエーション豊かなランチ開始!

http://www.matsuda-matsuzusi.com/

地質学的ドラマを巡る講座

南足柄市の文化遺産を紹介し、活用し、継承していくためのプロジェクトです。

http://ashigara-web.sakura.ne.jp/bunka/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

3校合同演奏会

3校合同演奏会

南足柄市で25日(日)

2月25日~2月25日

足柄版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月17日号

お問い合わせ

外部リンク