足柄版 掲載号:2018年1月13日号
  • googleplus
  • LINE

東福院 炎に息災願う 参拝者迎え毘沙門天大祭

文化

大護摩を焚き祈祷した
大護摩を焚き祈祷した
 大井町金子の東寺真言宗、東福院(山地智裕住職)で7日、江戸時代から伝わる正月大祭「毘沙門天大祭」が執り行われた。

 日が沈むと境内で「福木」と呼ばれる大木の根が焚かれ、参拝者は1年間の悪病を取り払うという炎に手をかざした。子どものころから70年近く通っているという女性は「火にあたり、病気にならないように願った」と話した。

 毘沙門天堂では「福寿開運厄除祈祷護摩」が行われ、山地裕昭名誉住職や智裕住職をはじめ真言宗の僧侶10数人が厄除けや家内安全、開運など祈祷した。

 ボールを転がしてお菓子やおもちゃを当てる「福玉」が初登場し、子ども連れも多く足を運んでいた。

足柄版のローカルニュース最新6件

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年6月16日号

お問い合わせ

外部リンク